ハウステンボス

  • 斬新な「球形ホテル」が開業へ 泊まりながら移動できる
    18年上半期ヒット&下半期候補
    2018.07.10
    斬新な「球形ホテル」が開業へ 泊まりながら移動できる
    2018年の上半期ヒット商品を紹介しつつ、下半期のブレイク商品候補を紹介する特集の「ホテル」編。激増するインバウンドを背景に近年は個性派ホテルが急増するなか、ヒット…続き
  • ハウステンボス「変なホテル」のネーミングはなぜ生まれたか
    ビジネスのアイデア発想法(1)
    2018.05.28
    ハウステンボス「変なホテル」のネーミングはなぜ生まれたか
    「変なホテル」のブランディングを手掛けるGRAPHの北川一成氏は、このネーミングを自ら考案して提案したのだという。1度聞いたら記憶に残る。そして、なぜ、そんな名前な…続き
  • 消費者がまだ気付いていない需要の喚起がECの役目に
    2018.03.23
    消費者がまだ気付いていない需要の喚起がECの役目に
    4つ目のテーマはEC(電子商取引)。2020年のECについて、楽天の元幹部で、現在はメディア型ECモール「KABUKIペディア」を運営するKABUKI(東京都千代田…続き
  • 外資8社のトップ務めたハウステンボスCTO「世界を目指すコツ」
    クロストレンド人物名鑑
    2018.04.20
    外資8社のトップ務めたハウステンボスCTO「世界を目指すコツ」
    ハウステンボスCTO(最高技術責任者)の富田直美氏は、米ピクチャーテルなど8社もの外資系日本法人のトップを歴任してきた。それらの知見を生かして実現したのが、ロボット…続き
  • 消費者がまだ気付いていない需要の喚起がECの役目に
    2020年のマーケティング
    2018.03.23
    消費者がまだ気付いていない需要の喚起がECの役目に
    4つ目のテーマはEC(電子商取引)。2020年のECについて、楽天の元幹部で、現在はメディア型ECモール「KABUKIペディア」を運営するKABUKI(東京都千代田…続き
  • 【ドローン最前線】高性能なモデルも手が届く価格に。レースやショー、農業でも大活躍
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.05.04
    【ドローン最前線】高性能なモデルも手が届く価格に。レースやショー、農業でも大活躍
    15年に「元年」といわれたドローン。空撮がブームになるなか、同年4月、首相官邸屋上にドローンが墜落。12月には改正航空法が施行され、禁止区域などの飛行ルールが明確化…続き
  • プレゼンの先にある「結果」に照準を合わせる
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2016.11.24
    プレゼンの先にある「結果」に照準を合わせる
    「目指すのは、クライアントのビジネスツールとなる“役立つデザイン”。デザインの本来の目的は、知名度を上げたり集客したり、結果を出したりすること。たとえプレゼンに通っ…続き
  • 「変なホテル」の従業員は30人から6人へ、フロント業務を中心に高速に改善
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.09.08
    「変なホテル」の従業員は30人から6人へ、フロント業務を中心に高速に改善
    変わり種の人寄せと思われたハウステンボスのロボットホテルなど新技術への取り組み。特集の第2回は、究極の効率化を進める「変なホテル」の裏側を伝える。変なホテルのロボッ…続き
  • ハウステンボスは1つの国、新しいテクノロジーの実験場
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.09.07
    ハウステンボスは1つの国、新しいテクノロジーの実験場
    変わり種の人寄せと思われたハウステンボスのロボットホテルなど新技術への取り組み。実は次世代のサービス産業の可能性を探る場であり、実際の成果も出始めている。特集の第1…続き
  • リコーはIoTの「死の谷」をどうやって越えたのか
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.07.06
    リコーはIoTの「死の谷」をどうやって越えたのか
    製品に備えたセンサーから得たデータを活用し、成果を出しているケースはごく一部。各社はどのようにして死の谷を越えたのか。先行事例から見いだす。第1回はハウステンボスと…続き