キリンビール

  • 18年上半期ヒット&下半期候補
    2018.06.20
    「高アル酒」なぜ売れた? 従来チューハイとは違う役割担う
    安くすぐ酔える酒「高アルコール酒」が、なぜいまブームなのだろうか。2018年の上半期ヒット商品・ブーム特集の分析記事をお届けしよう。
  • ロングセラーの正念場
    2018.03.13
    正念場を乗り切り、過去最高の販売数量を達成
    「キリン氷結」は2001年7月の発売以来、今年で17年目に突入する缶チューハイのロングセラーブランドだ。現在、「ストロング」や「旅する氷結」などの派生シリーズがある…続き
  • 日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.05.04
    【食品・飲料】上半期のキーワード 本気のおいしさ回帰/次世代ロングセラー ご長寿「ドライ」と「ボス」が新提案で活性化
    「たべるマスク」と大きくうたい、手軽な健康感と意外性で売れた「シールド乳酸菌タブレット」(森永製菓)。満を持して日本コカ・コーラが投入したトクホ「コカ・コーラ プラ…続き
  • 日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.06.04
    上半期&下半期ヒットを総ざらい
    この上半期、消費者の節約志向はむしろ強まる傾向だった。しかし、その「デフレマインド」をうまく刺激して、したたかに消費者の財布のひもをこじ開けたヒット商品が多数存在する。
  • 日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2015.06.04
    「機能性表示食品」第1ラウンド 健康の“価格破壊”は起きるのか?
    特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品に続く、体に良い機能をうたえる「機能性表示食品制度」。これは企業責任で健康機能を科学的に証明し、表示を消費者庁に届け出るもので…続き
  • 日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2015.06.04
    15年上半期ランキング【食品・飲料・外食編】セブン発の「ドーナツ戦争」が拡大。メタボ男性に響いた「プリン体」
    食品・飲料業界は、昨年の消費増税前の駆け込み需要による反動減を防ぐため、メーカーが主力ブランドに力を注ぐ傾向が一層強まった。そのため、上半期は新機軸の商品が少ないが…続き