ウォルマート

  • スタバやナイキが採用 日本の小売店も「BOPIS」に取り組むべき
    デジタル店舗ショーケース
    2019.04.02
    スタバやナイキが採用 日本の小売店も「BOPIS」に取り組むべき
    米ウォルマートや米ナイキといった、店舗ビジネスを中心としたマーケティング巧者が相次いで採用する新型EC「BOPIS(ボピス)」。ネットで注文して、店舗で受け取るBO…続き
  • アマゾンに対抗する実店舗とは 小売業界1位、2位のトップ明かす
    NRF2019
    2019.01.31
    アマゾンに対抗する実店舗とは 小売業界1位、2位のトップ明かす
    米国の小売業界は、売上高1位の米ウォルマート、2位の米クローガーを3位の米アマゾン・ドット・コムが猛追する構図だ。そんな状況下で、上位2社のトップであるCEO(最高…続き
  • 米新興アパレルに見るチャネルシフトの新潮流(下)
    チャネルシフト時代の戦い方
    2017.10.02
    米新興アパレルに見るチャネルシフトの新潮流(下)
    チャネルシフトのもう1つの潮流は、機能特化した店舗の登場である。2007年にシリコンバレーで創業した、EC(電子商取引)専業の米メンズ・アパレル・ブランド「BONO…続き
  • デジタル変革には、強い権限持つ「CDO」が必要
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.10.28
    デジタル変革には、強い権限持つ「CDO」が必要
    筆者のところにもデジタル化に関わる組織コンサル案件が持ち込まれるが、いずれもこういう組織を作りたいという「箱」の議論だけの場合が極めて多い。しかし重要なのは、デジタ…続き
  • ウォルマートがデジタル化できたワケ
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.10.04
    ウォルマートがデジタル化できたワケ
    デジタルインテリジェンス代表取締役の横山隆治氏が、日本企業にとって待ったなしの課題になっている「デジタルトランスフォーメーション」にまつわる課題について、直言する連…続き
  • 取引先の売り上げが38%、粗利は44%向上、アサヒビールがビッグデータ分析で成果
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.10.26
    取引先の売り上げが38%、粗利は44%向上、アサヒビールがビッグデータ分析で成果
    アサヒビールは、自社のビール商品などを販売する外食企業に対するマーケティング施策の効果検証に、ビッグデータ分析ツールを活用し始めた。今年7月、全国に店舗を持つ大手外…続き