健康・医療

  • 米中AI活用最前線
    2019.01.15
    AI×専門医で診断ミス0.1% 中国AIスタートアップの実力
    AI(人工知能)の研究開発もビジネス活用も日本より一歩進んでいる米国と中国、そのAI先進国の実力をリポートする特集の第1回。300を超える中国の医療機関では既に、A…続き
  • インサイド
    2019.01.11
    東京医科歯科大、医療ビッグデータ解析の教育に学部設置を検討
    医療ビッグデータをAI(人工知能)アルゴリズムで解析することで、個人レベルで発症前に病気を予測して予防的な介入を行う「先制医療」に大きな関心が集まっている。東京医科…続き
  • ユーザー観察から始める商品開発
    2019.01.10
    拡大するパーソナルトレーニング市場 デザイン思考でニーズ探る
    オブザベーションから商品企画までの流れを実際の例に即して紹介する連載。今回のテーマは注目を集める「パーソナルトレーニング」。実際のトレーニング現場を観察した結果をリ…続き
  • 未来予測 これから日本に起きること
    2018.12.21
    東京発の革新技術で生活激変 スタートアップ企業の新潮流
    スタートアップ企業に大量の資金が流入する「第4次ブーム」が到来。世の中を変える革新的な技術やサービスがスタートアップから生まれる可能性がますます高まっている。特集の…続き
  • 未来予測 これから日本に起きること
    2018.12.07
    未来の食事は「藻」と「昆虫」がカギ 12年後にも現実に
    人口増加に伴うタンパク質への需要拡大に、家畜の飼料となる穀物などの供給が追い付かず、世界中でタンパク質不足が巻き起こる──。そんな危機が迫るのは、2030年と目前だ…続き
  • トップが語るイノベーション
    2018.11.29
    下着と一体化し洗えるヘルスタグ ストレスや睡眠計測の市場拓く
    下着に貼り付け、肌に密着させたセンサーで日々の呼吸や心拍数を記録する。米スパイアは、個人の健康データをより精緻に測定するための新しいデバイスを、日本でもまもなく発売…続き
  • インサイド
    2018.11.21
    体重計? 食堂? 2020年代のタニタは健康ビッグデータ企業に
    体重計のタニタ、「タニタ食堂」のタニタ、Twitterのタニタ──。タニタと聞いて思い浮かぶのは人それぞれのようだ。2020年以降は、そこに健康プログラムのタニタが…続き
  • 2019年ヒット予測ランキング
    2018.11.19
    スマスピロボ、着る健康診断でスマート生活 A380で快適ハワイ旅
    日経トレンディが選んだ「2019年ヒット予測」の19~22位は、AI(人工知能)がパートナーになる「スマスピロボ」や身に着けるだけで体調の変化を察知する「着る健康診…続き
  • ここまで来た!健康パーソナルデータ
    2018.11.16
    「脳トレ」川島教授の新脳測定マシン マーケ・商品開発に威力?
    ゲーム「脳トレ」でブームを起こした東北大学の川島隆太教授が新境地に踏み出した。東北大学と日立ハイテクノロジーズが立ち上げたNeU(ニュー、東京・千代田)は、脳活動を…続き
  • ここまで来た!健康パーソナルデータ
    2018.11.16
    ストレス解析20万人で離職リスクを見える化 将来は会話も分析
    スマホやウエアラブル端末で取得するデータを使い、現代社会に広がるストレスの課題を解決しようとしているのは、従業員のストレス診断サービスを手がけるラフール(東京・中央…続き
  • ここまで来た!健康パーソナルデータ
    2018.11.15
    カネボウ「肌データ収集」の巧妙 来店リピート率が1.5倍に
    肌の水分量を簡単に測定できるセンサーやアプリを配布して、顧客とのつながりを深め、スキンケア動向を探る。そんな取り組みを進めているのは花王グループのカネボウ化粧品だ。…続き
  • ここまで来た!健康パーソナルデータ
    2018.11.14
    食事記録は10億件 ネスレ、資生堂が注目する減量アプリの凄み
    従業員20人ほどのベンチャー企業ながら、ネスレ日本、資生堂、マツモトキヨシといった大企業に欠かせない連携先となっているのがウィット(東京・新宿)だ。10万種類にも及…続き
  • ここまで来た!健康パーソナルデータ
    2018.11.13
    GAFAに負けぬオムロンのデータ戦略 腕時計型で血圧を常時計測
    血圧計や体組成計のオムロンヘルスケアが、アプリを軸とした健康データ事業を拡大している。フクダ電子の医療データ管理システムとの連携を開始したほか、米スタートアップと提…続き
  • ここまで来た!健康パーソナルデータ
    2018.11.12
    「継続促す方法」見いだした健康アプリ 100万人データで成長
    「究極の個人情報」と言えるカラダにまつわるデータ。潜在的な価値を見いだした多くの企業が、膨大なデータの収集に乗り出した。本特集は各社のデータ収集方法、活用方法に着目…続き
  • 持続的イノベーション 成功の法則
    2018.11.07
    タニタはなぜ革新が得意? 原点は「19年前の失敗サービス」
    持続的イノベーション事例の2社目は、タニタに焦点を当てる。同社は体脂肪計・体組成計メーカーから、「タニタ食堂」などの外食事業、そして2018年9月に発表した健康プラ…続き
  • 5G×IoTで変わるビジネスと消費
    2018.11.07
    「8Kは5Gで」「過疎対策も5G」 アイデア競うメーカー各社
    5G(第5世代移動通信システム)は通信会社だけでなく、メーカーにとっても大きなビジネスチャンス。携帯端末はもちろん、自社の技術力を生かせば、今までにない新しい市場を…続き
  • Beyond MaaS 移動の未来
    2018.10.26
    マイクロソフトの仰天戦略 MaaSと「働き方改革」を融合
    さまざまな移動手段を統合して次世代の交通サービスを生み出す「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」。MaaS実現の先にある未来を他産業の専門家と探る本連載の第…続き
  • “究極”のパーソナライゼーション
    2018.10.17
    「味覚」で菓子、「脈拍」でサプリ AIがオーダーメード
    データを基に、AI(人工知能)とIoTを駆使して顧客一人ひとりに最適化した商品を届ける“究極”のパーソナライゼーションは、ベンチャー企業にまで裾野が広がっている。菓…続き
  • “究極”のパーソナライゼーション
    2018.10.15
    ネスレ日本、無料サービス活用で「健康データの巨人」目指す
    データを基に、AI(人工知能)とIoTを駆使して顧客一人ひとりに最適化した商品を届ける“究極”のパーソナライゼーション特集の第4回。ZOZOや米オリジナルは製品その…続き
  • インサイド
    2018.09.21
    5万契約突破 ジム通い派やランナーが健康増進型保険を支持
    住友生命保険が2018年7月24日に発売した健康増進型保険「Vitality」の出足が好調に推移している。健康診断を受けたり、運動したりするたびにポイントがたまり、…続き