ディープラーニング

  • 中国デジタル革命の深層
    2018.12.17
    アリババの「ETブレーン」 データ・テクノロジー時代の目玉
    アリババのジャック・マー会長は2014年、「人類はIT時代からDT(データ・テクノロジー)時代へシフトしている」と断言。このDT時代には、データを持つ企業しか生きて…続き
  • 日経クロストレンド EXPO 2018
    2018.12.14
    害虫退治から万引き防止や空港保安まで 画像認識事例の最先端
    AI(人工知能)による画像認識技術は飛躍的に向上し、防犯カメラによる不審者の検知や無人店舗管理システムなど、街中のさまざまな場所で利用されている。2018年11月に…続き
  • 米国発 追跡アマゾンエフェクト
    2018.12.13
    米アマゾン Alexaと連携して自宅を“警備”するデバイス
    米アマゾン・ドット・コムは2018年9月、米シアトルでハードウエア製品の発表会を開催した。音声アシスタントの「Alexa(アレクサ)」をさまざまな機器に組み込んで、…続き
  • 世界を変える「イノベー食」
    2018.12.12
    食の革命は「レシピデータ」から ニチレイ100億円超の事業構想
    食品にとどまらず、家電、小売り、AI・IoTといったテクノロジー分野などを幅広く巻き込んだ近未来の食の革命、「イノベー食(ショク)」の衝撃を先進事例から読み解く本特…続き
  • ディープラーニング活用最前線
    2018.12.10
    ドラマ字幕の自動翻訳でプロを超える品質を実現、Rakuten VIKI
    楽天が2013年に買収した米Rakuten VIKIには、プロの翻訳家を凌駕するドラマ字幕の自動翻訳技術がある。その自動翻訳技術を駆使して、韓国ドラマや中国ドラマを…続き
  • AI都市シアトルの実力
    2018.12.07
    MS・アマゾンがVCで“逆襲”、ソニーや楽天もシアトル投資
    米シアトルは人工知能(AI)の活用で今、次々とスタートアップが起業し活気を帯びている。そのAIエコシステムを狙って米中のテックジャイアントが次々と拠点を構えている。…続き
  • ディープラーニング活用最前線
    2018.12.05
    ディープラーニングは魔法の技術ではない──当事者が語る障壁
    「ディープラーニングは魔法の技術ではない」──書籍『ディープラーニング活用の教科書』の発刊を記念したセミナーで、NTTドコモの開発者、FiNC Technologi…続き
  • 未来予測 これから日本に起きること
    2018.12.03
    ディープラーニングの次は「買い物をするAI」が普及へ
    第3次AI(人工知能)ブームが始まってしばらくたつが、その勢いは衰える気配がない。新聞には連日「AI」の文字が躍り、国内外の多くの企業がAI開発にしのぎを削っている…続き
  • ディープラーニング活用最前線
    2018.12.03
    乗降データ300万件で交通需要を予測 MaaSも視野に順風路と東芝
    未来の交通需要をAIで予測して地図上に見える化する実験が始まっている。道路交通情報など放送関連事業やオンデマンド交通システム「コンビニクル」を運営する順風路(東京・…続き
  • 中国デジタル革命の深層
    2018.11.30
    アリババAI戦略の全貌 貪欲に買収、AIエコシステム形成へ
    アリババが注力する産業AI(人工知能)分野をさらに切り開いていくためには、自社の力だけではまだまだ足りない。そこでアリババは社内外のリソースを生かして「AIエコシス…続き
  • ざっくり分かる!機械学習
    2018.11.28
    いくつ知っている? 機械学習の5つの用途は回帰、分類……
    ディープラーニングに代表される機械学習が、数式が苦手な人でも“ざっくり分かる”連載講座。第2回は機械学習の5つの代表的な用途を整理して紹介する。回帰、分類……、あな…続き
  • 東大松尾ゼミの「深層学習」研究会
    2018.11.27
    画像認識技術の最先端 より洗練された認識方法を目指す
    ディープラーニング(深層学習)研究では国内トップレベルの東京大学・松尾研究室のメンバーが開催する最新論文の輪読会から、話題の論文を紹介する本連載。今回は、それぞれの…続き
  • ディープラーニング活用最前線
    2018.11.26
    オムロン、AI活用のドライバー見守り車載センサーを商品化へ
    オムロンは2019年までに、ドライバーが運転に集中できているかどうかを判定する「ドライバー見守り車載センサー」を商品化する。20年までに発売されるレベル2の自動運転…続き
  • ディープラーニング活用最前線
    2018.11.22
    普通のAIと優秀なAIの連係プレー 半導体ウエハ外観検査を自動化
    電線大手のフジクラは、ディープラーニングの活用でファイバーレーザーを作るためのウエハ外観の検査を自動化した。決め手は優秀なAIと普通のAIによる連係プレー。普通のA…続き
  • ざっくり分かる!機械学習
    2018.11.21
    「人工知能=ディープラーニング」は正しい理解ではない
    ディープラーニングに代表される機械学習が、数式が苦手な人でも“ざっくり分かる”、プログラミングおよびソフトウエア開発の専門誌である「日経ソフトウエア」による連載講座…続き
  • ディープラーニング活用最前線
    2018.11.20
    路面下の空洞の変化を追跡 陥没の危険性が高い場所を検知
    地質調査大手の川崎地質は、路面陥没を起こす危険性が高い空洞をディープラーニングによって自動検知する仕組みを、2019年夏までに実用化する計画だ。富士通のディープラー…続き
  • ディープラーニング活用最前線
    2018.11.19
    存在しない“アイドル顔”を自動生成 京大発ベンチャーがAI開発
    京都のスタートアップ企業であるデータグリッドは、クリエイターの仕事をAIに委ねる「クリエイティブAI(人工知能)」の開発を進めている。“何かを作り出すAI”の1つと…続き
  • 中国デジタル革命の深層
    2018.11.19
    アリババAI戦略の全貌 産業別に130以上のサービスを提供
    AI(人工知能)は最先端技術の代表領域としてアリババが最も重視する領域だ。アリババクラウドでさまざまなAIサービスを提供する他、自社独自のAI部隊、外部とのジョイン…続き
  • ディープラーニング活用最前線
    2018.11.16
    ロボット「ユニボ」のディープラーニング活用 感情理解に挑戦
    会話を楽しんだり、声の操作で情報を入手したりできる小型のロボット「ユニボ」。人間との高度なコミュニケーションを実現するユニボには、音声認識から個人の認識、会話の内容…続き
  • ディープラーニング活用最前線
    2018.11.15
    河川護岸の損傷をAIでチェック 判定結果は河川技術者と同水準
    建設コンサルタント業務を手がける八千代エンジニヤリング(東京・台東)は、河川の護岸の維持管理にAI(人工知能)を活用し、損傷などの点検を効率化するシステムを構築した…続き