AI

  • ローソンのチャットボットは日々10万人が利用 炎上を防ぐ舞台裏
    人材不足解消 チャットボット進化論
    2019.03.26
    ローソンのチャットボットは日々10万人が利用 炎上を防ぐ舞台裏
    スマホで家族や友人と連絡を取るために頻繁に使われているツールといえば「LINE」だ。顧客接点の手段としてLINEアカウントを持つ企業も多い。その中でも自動応答のチャ…続き
  • バイドゥのAI技術、言葉を理解する自然言語処理モデルを開発
    Watcher 中国テックジャイアント
    2019.03.25
    バイドゥのAI技術、言葉を理解する自然言語処理モデルを開発
    中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)はAI(人工知能)を活用した言語認識において、言語の意味を理解する自然言語処理モデル「ERNIE(Enhanced R…続き
  • 「健康MaaS」の近未来 モビリティや街中が“診察台”になる
    Beyond MaaS 移動の未来
    2019.03.25
    「健康MaaS」の近未来 モビリティや街中が“診察台”になる
    カーシェア、鉄道、バス、タクシーなど、さまざまな交通手段を統合して次世代の移動サービスを生み出す「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」。MaaS実現の先にあ…続き
  • 進化したAmazon Go新型店 データを棚構成と品ぞろえに生かす
    省人型店舗の狙いとソリューション
    2019.03.22
    進化したAmazon Go新型店 データを棚構成と品ぞろえに生かす
    「Amazon Goの目的は、人件費を浮かすことではない」──省人型店舗の先端を行くAmazon Goだが、その究極の目標は、データを活用し、快適な買い物体験を得ら…続き
  • LINEの「脱スマホ」戦略 スマート端末でアマゾンに対抗できるか
    Hot Topics
    2019.03.20
    LINEの「脱スマホ」戦略 スマート端末でアマゾンに対抗できるか
    LINEが初のスマートディスプレー「Clova Desk(クローバ デスク)」を2019年3月19日に発売した。アマゾンとグーグルが圧倒的なシェアを誇るスマートスピ…続き
  • 中国の省人型コンビニに新潮流 Amazon Go型へと舵を切る
    省人型店舗の狙いとソリューション
    2019.03.20
    中国の省人型コンビニに新潮流 Amazon Go型へと舵を切る
    中国では1年前、購入する各商品に貼られた電子タグ(RFID)を出口近くのセンサーで読み取って購入金額を算出するコンテナ型の無人コンビニエンスストアが大はやりだった。…続き
  • AnyMind Group、東南アジアでデジタルサイネージ事業を拡大へ
    Hot Topics
    2019.03.20
    AnyMind Group、東南アジアでデジタルサイネージ事業を拡大へ
    日本人がシンガポールで起業したベンチャーのAnyMind Groupは、主に東南アジア各国の市場に対し、デジタルマーケティングやHRテックの領域でAI(人工知能)ソ…続き
  • 洋服のかわいい度をAIが診断 ファッション業界向け新ツール
    テクノロジー動向
    2019.03.20
    洋服のかわいい度をAIが診断 ファッション業界向け新ツール
    「この洋服のかわいい度は0.75、ガーリー度は0.63、デート度は0.87」。データ分析のINSIGHT LAB(東京・新宿)は、服を見たときに感じるさまざまなイメ…続き
  • BAT3社のAI戦略を俯瞰する(2) AI時代も“三国鼎立”は続くか
    中国デジタル革命の深層
    2019.03.20
    BAT3社のAI戦略を俯瞰する(2) AI時代も“三国鼎立”は続くか
    中国BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)3社は、“三国鼎立時代”を創り出し、中国インターネットサービスに多大な影響を与えている。重点突破のバイドゥ、幅広い産業を…続き
  • 「鼓膜に合わせるヘッドホン」など13分野のイノベーションを表彰
    SXSW 2019
    2019.03.19
    「鼓膜に合わせるヘッドホン」など13分野のイノベーションを表彰
    SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)には、様々な新製品やサービスを表彰するアワードも多く開催されている。中でもインタラクティブ・イノベーション・アワードはSX…続き
  • JR東がAmazon Go型キオスクに本腰 子会社通じ専門会社設立へ
    省人型店舗の狙いとソリューション
    2019.03.19
    JR東がAmazon Go型キオスクに本腰 子会社通じ専門会社設立へ
    東日本旅客鉄道(JR東日本)が省人型「キオスク」の普及に本腰を入れる。2年にわたる「Amazon Go」型店舗の実証実験の結果を受け、システムの実用フェーズに入った…続き
  • チャットボットとは何か、なぜブームか 「AIとの会話」で深いユーザー情報が収集可能に
    よくわかるビジネスキーワード講座
    2019.03.19
    チャットボットとは何か、なぜブームか 「AIとの会話」で深いユーザー情報が収集可能に
    人とシステムとが対話する「チャットボット」が、ビジネスの世界でも注目が高まっている。このチャットボットの現在・未来像について、専門家である東京工業大学科学技術創成研…続き
  • 「アマゾンの食品生産がウォルマートをつぶす」、未来学者が予測
    SXSW 2019
    2019.03.13
    「アマゾンの食品生産がウォルマートをつぶす」、未来学者が予測
    デジタル社会やメディアの総合展SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)が米テキサス州オースティンで2019年3月8日に開幕した。後半はミュージックや映画、芸術など…続き
  • AI時代の優秀なマーケターとは何か
    音部大輔の「マーケティング視点」
    2019.03.13
    AI時代の優秀なマーケターとは何か
    複数の企業がマーケティング業務をAI(人工知能)で支援するサービスを始めている。AIは人の仕事を奪うのか、それとも人の能力を強化するのか。もしマーケティング業務向け…続き
  • AIモデル開発のためデータ契約を整備、コンソーシアム設立
    テクノロジー動向
    2019.03.12
    AIモデル開発のためデータ契約を整備、コンソーシアム設立
    京都大学、東京大学などの教育機関、日本マイクロソフトなどの事業者、合わせて14の組織で構成された共同事業体は、一般社団法人AIデータ活用コンソーシアムを設立し、20…続き
  • トライアル会長激白「流通業にAIを使わない選択肢はない」
    マーケ&テック 米国の実像
    2019.03.12
    トライアル会長激白「流通業にAIを使わない選択肢はない」
    九州を地盤にディスカウントストアなどを展開するトライアルホールディングスは、AI(人工知能)活用を業界横断で推進している。そこにあるのは日本に対する強烈な危機感だ。…続き
  • バイドゥの第4四半期決算、18年は基盤固め、19年は自信満々
    Watcher 中国テックジャイアント
    2019.03.11
    バイドゥの第4四半期決算、18年は基盤固め、19年は自信満々
    2019年2月22日、中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)は18年第4四半期(10~12月)の決算を発表した。第4四半期の収入総額は前四半期比22%増で2…続き
  • データ分析ツール界のGoogle目指すThoughtSpot 年内日本参入
    トップが語るイノベーション
    2019.03.11
    データ分析ツール界のGoogle目指すThoughtSpot 年内日本参入
    データ分析ツール企業の米ソートスポット最高経営責任者(CEO)のスディーシュ・ナイア氏は、同社のツールはGoogleのようなシンプルさ、速さ、個別最適化といった特長…続き
  • 流通業のデジタル化を語る「Shoptalk」、AIは現実解に
    マーケ&テック 米国の実像
    2019.03.08
    流通業のデジタル化を語る「Shoptalk」、AIは現実解に
    流通業のデジタル活用で全米最大級の展示会「Shoptalk 2019」が米ラスベガスで開催された。小売り、ファッションや日用品メーカー、支援事業者などが集い、参加チ…続き
  • JINSの店舗戦略占う省人店 EC起点の設計で来店客1.5倍
    省人型店舗の狙いとソリューション
    2019.03.07
    JINSの店舗戦略占う省人店 EC起点の設計で来店客1.5倍
    眼鏡チェーンのジンズが東京・上野駅構内に開設した新型店舗が集客を伸ばしている。同店は店内に在庫を置かず、スマートフォンでネット注文するショールーミングに特化している…続き