コンビニ

  • 中国の省人型コンビニに新潮流 Amazon Go型へと舵を切る
    省人型店舗の狙いとソリューション
    2019.03.20
    中国の省人型コンビニに新潮流 Amazon Go型へと舵を切る
    中国では1年前、購入する各商品に貼られた電子タグ(RFID)を出口近くのセンサーで読み取って購入金額を算出するコンテナ型の無人コンビニエンスストアが大はやりだった。…続き
  • JR東がAmazon Go型キオスクに本腰 子会社通じ専門会社設立へ
    省人型店舗の狙いとソリューション
    2019.03.19
    JR東がAmazon Go型キオスクに本腰 子会社通じ専門会社設立へ
    東日本旅客鉄道(JR東日本)が省人型「キオスク」の普及に本腰を入れる。2年にわたる「Amazon Go」型店舗の実証実験の結果を受け、システムの実用フェーズに入った…続き
  • 再び頻発するバイトテロ事件を避けるための手立てはあるのか
    Q&A法律の森
    2019.03.19
    再び頻発するバイトテロ事件を避けるための手立てはあるのか
    コンビニエンスストアや飲食店などのアルバイト店員が、店の商品や什器(じゅうき)を使用して悪ふざけを行う様子をスマートフォンなどで撮影し、その撮影した動画をソーシャル…続き
  • 花粉対策商品が早くも盛況 マスクは「コスパ」「機能性」で人気
    ヒット生む「コンビニの棚」定店観測
    2019.03.11
    花粉対策商品が早くも盛況 マスクは「コスパ」「機能性」で人気
    花粉の話題がお茶の間に上り始める前から、ファミリーマートは花粉対策商品を充実させている。一方、定番化したサラダチキンは、「カラムーチョ」味が登場したり、おにぎりの具…続き
  • ローソン2月に「冷やし中華始めました」 真冬でも売れ行き好調
    ヒット生む「コンビニの棚」定店観測
    2019.03.08
    ローソン2月に「冷やし中華始めました」 真冬でも売れ行き好調
    定点観測店のローソンTOC大崎店では、毎日麺類コーナーの棚展開が変わる。理由は、寒暖差による人気商品の変化だ。真冬でも気温が上がる日には、「冷やし麺」の需要が突発的…続き
  • ローソンはスマホレジ1000店 RFIDで価格変動や食品ロス削減
    省人型店舗の狙いとソリューション
    2019.03.05
    ローソンはスマホレジ1000店 RFIDで価格変動や食品ロス削減
    ローソンは、導入中のスマホレジを9月に1000店まで拡大する。一方、電子タグ(RFID)の実証実験を行い、ダイナミックプライシングやAI(人工知能)を活用してマーケ…続き
  • 1月はセブンが3カ月連続増 ローソンは減少続く(コンビニ統計)
    消費が分かるマーケティング指標
    2019.02.26
    1月はセブンが3カ月連続増 ローソンは減少続く(コンビニ統計)
    日本フランチャイズチェーン協会が2019年2月20日に発表した2019年1月の全国コンビニエンスストア売上高は、全店ベース(調査月における営業中の店舗)で8769億…続き
  • ランチパックとリポD、ロングセラーがトレンド取り入れ復権
    ヒット生む「コンビニの棚」定店観測
    2019.02.18
    ランチパックとリポD、ロングセラーがトレンド取り入れ復権
    ファミリーマートで人気を集めているのはロングセラーブランドだ。山崎製パンはハバネロスナックでおなじみの東ハトとコラボし、ファミマ限定「ランチパック」に激辛ブームを取…続き
  • シリーズ化でヒット連発 1700万個売れた“悪魔”の快進撃
    ヒット生む「コンビニの棚」定店観測
    2019.02.12
    シリーズ化でヒット連発 1700万個売れた“悪魔”の快進撃
    発売後3カ月で1700万個売れた「悪魔のおにぎり」が刷新。“悪魔”はシリーズ化し、焼きうどんやパンなどヒット商品を連発している。節分シーズンに先駆け投入した「ミニ恵…続き
  • 12月売上高、ローソンは3カ月連続で前年割れ(コンビニ統計)
    消費が分かるマーケティング指標
    2019.01.29
    12月売上高、ローソンは3カ月連続で前年割れ(コンビニ統計)
    日本フランチャイズチェーン協会が2019年1月21日に発表した2018年12月の全国コンビニエンスストア売上高は、全店ベース(調査月における営業中の店舗)で約968…続き
  • 佐藤可士和氏が振り返る平成 デザインが経営戦略の一環となった
    平成という時代
    2019.01.28
    佐藤可士和氏が振り返る平成 デザインが経営戦略の一環となった
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第1回はク…続き
  • 「冷めてもおいしい」500mlホット飲料が続々登場
    ヒット生む「コンビニの棚」定店観測
    2019.01.09
    「冷めてもおいしい」500mlホット飲料が続々登場
    ファミリーマートで大きな変化が見られるのが、ホットドリンクの棚だ。500ml前後と大容量の商品が続々登場している。背景には“ちびだら飲み”が定着したことと、消費者の…続き
  • 11月の大手3社売上高、ローソンのみ前年割れ(コンビニ統計)
    消費が分かるマーケティング指標
    2019.01.07
    11月の大手3社売上高、ローソンのみ前年割れ(コンビニ統計)
    日本フランチャイズチェーン協会が2018年12月20日に発表した同年11月の全国コンビニエンスストア売上高は、全店ベース(調査月における営業中の店舗)で8910億7…続き
  • ブランパンが大人気 売り上げは前年比で10%増
    ヒット生む「コンビニの棚」定店観測
    2019.01.04
    ブランパンが大人気 売り上げは前年比で10%増
    本連載で定点観測しているローソンTOC大崎店の直近で最も大きなニュースは、パンの棚が大きく刷新されて、ブランパンシリーズが充実したことだ。売り上げは前年比で10%増…続き
  • アマゾンからアイドルまで「AI活用」が分かる必読記事3選
    お知らせ
    2018.12.29
    アマゾンからアイドルまで「AI活用」が分かる必読記事3選
    ディープラーニングに代表されるAI(人工知能)は研究の段階から実用の段階に入りました。小売店からエンタメ業界に至るまで、活用の幅が大きく広がっています。そこで日経ク…続き
  • セブン「顔認証コンビニ」、夜間無人スーパー…省力店を徹底分析
    インサイド
    2018.12.19
    セブン「顔認証コンビニ」、夜間無人スーパー…省力店を徹底分析
    2019年は流通小売業界のIT、AI(人工知能)活用が一気に進む──そうした予感が強まる取り組みが、セブン-イレブン・ジャパンやトライアルカンパニー(福岡市)から相…続き
  • ファミリーマート、入店音や店舗ポスター……ブランド資産も活用
    CMフォーカス
    2018.12.13
    ファミリーマート、入店音や店舗ポスター……ブランド資産も活用
    香取慎吾を起用したファミリーマートの「炭火焼きとり」「お母さん食堂」のCMが立て続けにヒット。前々回でその戦略やヒットの要因を探り、前回でクリエイティブディレクター…続き
  • ファミリーマート、ライバルは同業他社より前後に流れるCM
    CMフォーカス
    2018.12.12
    ファミリーマート、ライバルは同業他社より前後に流れるCM
    香取慎吾を起用したファミリーマートのCMが好調だ。第1弾「炭火焼きとり」のCMは「銘柄別好感度トップ10」で7位に(CM総合研究所、8月後期)。「お母さん食堂」を訴…続き
  • ファミリーマート、香取慎吾を起用で2作連続好感度トップ10に
    CMフォーカス
    2018.12.11
    ファミリーマート、香取慎吾を起用で2作連続好感度トップ10に
    ファミリーマートは8月からCMに香取慎吾を起用。第1弾の「ファミマのあの曲で会話」編は、CM総合研究所発表の8月後期「銘柄別CM好感度トップ10」で7位に、9月から…続き
  • ローソンからあげクンロボ稼働 「未来消費カレンダー」新着情報
    Hot Topics
    2018.12.10
    ローソンからあげクンロボ稼働 「未来消費カレンダー」新着情報
    日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービス。新着情報を毎週金曜日に更新している。2…続き