デザイン

  • Hot Topics
    2019.02.20
    大ヒット「VTuber」は5年後どうなる キズナアイが広げる経済圏
    日経BP社が主催する日本イノベーター大賞。17回目を迎えた2019年は「日経クロストレンド賞」を新設し、「キズナアイ」が記念すべき第1号に輝いた。16年12月、3D…続き
  • インサイド
    2019.02.20
    キッチンに調和する白い消火器 しゃれたデザインでママに人気
    モリタ宮田工業が「防災をライフスタイルに。」をコンセプト に、「+maffs」(マフス)と呼ぶブランドを2019年1月に立ち上げ、同ブランド初の商品としてキッチンに…続き
  • 身の丈イノベーションのススメ
    2019.02.19
    播州織ブランドの認知度が向上 デザインを軸に地域活性化も推進
    今回は3回目で取り上げた島田製織の後編。新卒で入社した自社ブランド「hatsutoki」のデザイナー、村田裕樹氏は新しいセンスで作ったカタログや自信のある商品のサン…続き
  • 超実践! ビジネスデザイン奮闘記
    2019.02.19
    知名度もコネもない文具が、なぜTV番組で続々取り上げられたのか
    中小企業がデザイナーと組んで開発したヒット商品、ウエアラブルメモ「wemo」。。腕に巻いて使用するシリコンバンド型のメモが、マーケティング予算が限られているにもかか…続き
  • 人気パッケージ比較調査
    2019.02.18
    森永のギリシャヨーグルト 人気の秘密は「濃厚」なパッケージ
    今回の調査対象は、森永乳業と明治のギリシャヨーグルト。パッケージの濃厚なイメージは、好印象を与えている一方で、シンプル過ぎるデザインについては「寂しい」という意見も…続き
  • 人気パッケージ比較調査
    2019.02.14
    ギリシャヨーグルト 8割の女性が支持したパッケージは?
    今回の調査対象は、森永乳業と明治のギリシャヨーグルト。余分な水分や乳清(ホエー)を取り除くことで、濃厚かつクリーミーな舌触りを実現している点が特徴だ。商品特性の濃厚…続き
  • 身の丈イノベーションのススメ
    2019.02.12
    低迷した播州織ブランドが復活へ ビームスや三越も販売
    業績が低迷していた兵庫県西脇市の織物商社、島田製織。打開策として2010年に始めた播州織による婦人服と服飾雑貨の自社ブランド「hatsutoki(ハツトキ)」が、今…続き
  • デザインの小骨話
    2019.02.12
    シンメトリーな生き物
    @Yam_eye・2015年10月17日 5億年ほど前から海の中で進化してきた放散虫の形は、重力の影響をほとんど受けていないように見える。無重力下の宇宙生命も、きっ…続き
  • スノーピーク 拡大するBtoB事業の狙い
    2019.02.08
    スノーピーク社長、10年で売り上げ4倍超 国内外でBtoBを拡大
    日本のキャンプ人口は全人口の6%ほど。キャンプ用品メーカー、スノーピークの成長は、残りの94%を取り込めるかが鍵になる。そのため、オフィス家具メーカーや住宅メーカー…続き
  • インサイド
    2019.02.07
    パナの事業化スキームで開発したホットチョコレート機器の勝算
    ミツバチプロダクツというベンチャーが開発したホットチョコレートマシンが注目を集めている。実はこの開発プロジェクトは、パナソニック アプライアンス社の新規事業創造のス…続き
  • スノーピーク 拡大するBtoB事業の狙い
    2019.02.06
    サントリー無糖炭酸水の販売数が2倍に 実はスノーピークと開発
    サントリー食品インターナショナルの主力ブランド「サントリー 天然水」は、2018年の国内清涼飲料市場で販売数トップに躍り出た。躍進に一役買っているのが、スノーピーク…続き
  • Hot Topics
    2019.02.06
    AR(拡張現実)で自宅の改築支援 高機能サイトが続々登場
    米国でインテリアデザインのサイトやアプリが増えている。自分の住宅を改築する際、デザイナーや工務店だけに任せず、気に入ったデザインや素材を自ら選ぶためだ。家具や壁、床…続き
  • ウーバー・リフト、ライドシェアの光と影
    2019.02.05
    「アイドルエコノミーとユニコーンクラブ」、日本でも実現を
    今回の連載では、米ウーバー・テクノロジーズや米リフトのビジネスモデルを運転手の視点でひも解き、アプリやサービスの改善提案を行った。特に
  • デザインの限界
    2019.02.05
    来場者5.7倍、売り上げ7.9倍 “見慣れた風景”がなぜ人を呼ぶ?
    「変なホテル」のブランディングを担当するGRAPHの北川一成氏と共に、広告やパッケージにとどまらない総合的なデザイン戦略の重要性を、実例を基に考える連載企画。今回は…続き
  • スノーピーク 拡大するBtoB事業の狙い
    2019.02.05
    マンション1階から完売も スノーピーク「家でもキャンプ」効果
    スノーピークが提案する“都会でキャンプ”というライフスタイルは住宅のデザインを変えようとしている。三井不動産レジデンシャルとマンションを共同で開発。スノーピーク仕様…続き
  • 身の丈イノベーションのススメ
    2019.02.04
    大ヒット「ハート形レモン」付き紅茶、背景には中川政七商店あり
    今回は1回目で取り上げた光浦醸造工業の後半。150年以上前から味噌やしょうゆなどを作ってきたが、2003ごろからBtoC向けの商品を次々と開発し、デザインも光浦健太…続き
  • スノーピーク 拡大するBtoB事業の狙い
    2019.02.04
    「職場にテントを張ろう」スノーピークが新スタイル売り込む理由
    スノーピークのキャンプ用品をオフィスで活用するケースが増えている。企業は、フロアの一角にアウトドア用の家具を設置したり、ビルの外にテントやタープを張ったりすることで…続き
  • 平成という時代
    2019.02.01
    TAKT PROJECT吉泉氏、平成は「モノ」の価値が激変した時代
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。最終回はT…続き
  • 平成という時代
    2019.02.01
    良品計画 矢野氏、時代は「合理性」から「人間らしい生活」へ
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第9回は良…続き
  • 平成という時代
    2019.01.31
    森本千絵氏が見た平成、カフェ文化が日本人のセンスを磨いた
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第8回はア…続き