マーケター受難の時代と言われる現代。複雑多様化の一途をたどるデジタルマーケティング業界において、昨今注目を集めているのが、「BI/ダッシュボード」の存在だ。本記事は、デジタルマーケティング業務の運用の専門サイト「Unyoo.jp」で話題になった記事を、日経クロストレンド読者向けに編集した。

 BI/ダッシュボードとは、飛行機のコックピットのようなもので、急速に変化する環境において常にデータを可視化・モニタリング・分析しながら、スピーディーな意思決定につなげるためのサポートツールである。

 興味はあるものの、実際には使ってみたことのない方も多いのではないだろうか。前編では、これまで数多くのダッシュボード導入支援に携わってきたアタラCEOの杉原剛による監修の下、BI/ダッシュボードの違いからツール選定のポイントまで、次回後編では定着化のコツやうまく活用するために身につけるべきスキルまでを紹介する。

マーケター受難時代の救世主到来?

 そもそもなぜ昨今、BI/ダッシュボードの有用性が注目されているのだろうか。その背景には「消費行動の断片化」「情報爆発」「ツール乱立」の3キーワードがある。

 現在、ウェブ上のメディアの数は年々増え続けている。またデバイスや生活者のタイムシフトが多様化し、情報を消費する生活者の消費行動の断片化はとどまるところを知らない。情報の量自体も増えており、2020年には世界の情報量が44ゼタバイト(44兆ギガバイト)になるという予測もあるほどだ。

出典:IDC/Dell EMC RICH DATA & the Increasing Value of the INTERNET OF THINGS

 「これは一大商機!」とばかりにデジタルマーケティング関連ツールも乱立しており、(主なプレーヤーを一覧、分類した)カオスマップはもはや5000社超え。まさにカオスなマップである。

 そうなると、ウェブ広告の運用者にはどのような影響があるのだろうか。まず、運用すべき媒体の数が増える。10年前ならば運用すべき媒体は数媒体程度だったため運用者の気合でなんとかなっていたものが、今では「Google 広告」をはじめ、「Yahoo!プロモーション広告」「Facebook広告」「Twitter広告」「Amazon広告」……など、挙げればきりがない。手作業でゴリゴリとリポーティングすることが運用者の疲弊を招き、業界にとっても損失となっている。

 それに加えて、Google 広告のリポートタイプだけでも50種類以上あるなど、データの種類も増える一方。マーケティング施策自体も複雑多様化している。まさに今は「マーケター受難の時代」なのである。

データが爆発的に増えて、分析、リポートの手間が増大している
データが爆発的に増えて、分析、リポートの手間が増大している

 さらに、これまでリポーティングに多用されていたExcelリポートでは、前月分が翌月頭に確定したのちにリポートを集計して報告、そこから意思決定が行われるため、アクションまでに時間がかかってしまう。これまでの方法では、管理的にも時間的にも限界に来ている。だからこそ、常にデータを収集・分析・ビジュアライズし、モニタリングできるBI/ダッシュボードが注目を浴びているのだ。

 もちろん、BI/ダッシュボードはExcelリポートの代替としての役割だけでなく、組織の内部管理、KGI(重要目標達成指標)/KPI(重要業績評価指標)管理、マーケティング施策決定にも活用できる。つまり、アイデア次第でいかようにも利用することが可能となる。