「Amazon Go」型店舗が日本で一気に普及しそうだ。AI(人工知能)を活用した無人店舗の構築サービスを手掛ける米スタンダード・コグニションは2019年夏、同社のシステムをドラッグストアチェーンの薬王堂の仙台泉館店に導入する。日経クロストレンドは米国でオープンした実験店舗をいち早く体験した。

米サンフランシスコにオープンしたスタンダード・コグニション実験店舗の店内

 スタンダード・コグニションが薬王堂の仙台泉館店に導入するシステムでは、入店して商品を手に取り、退店するだけで決済が完了する。提携先である医薬品などの卸売業大手のPALTACと協力して同社の取引先にシステムを導入していく。実験の結果から、2019年中旬までに郊外の大型店舗でのシステム実用化を狙う。その後、20年夏までに国内3000店舗への導入を目指す。

 スタンダード・コグニションは、店舗内に設置したカメラの画像解析技術とAIを組み合わせることで、Amazon Go型店舗を実現するシステムを小売業者向けに提供するAIベンチャーだ。コンビニエンスストア、ドラッグストア、大型スーパーまで、小売店舗であれば幅広い業種を対象とする。