中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)は、医療事業について成果を発表した。7つのスマート医療の領域やAI(人工知能)を活用した新たな子宮がん診断補助システムなどで、成果を上げている。2019年5月21日から23日に開かれた「騰訊全球数字生態大会(テンセント グローバル デジタル エコシステム サミット)」で発表した。

テンセントは自社開催のサミットで医療事業について成果を発表した
テンセントは自社開催のサミットで医療事業について成果を発表した

 テンセントの丁珂(ディン・クー)副総裁は、医療事業における成果を、「患者」「医師と病院」「政府」の3つの観点でそれぞれ発表した。「患者」の観点では、1000種類以上の疾患や15種類のがんへの対策を網羅した医療サービスの提供を可能にする。また300カ所近くの病院に、AIによる診断補助システムを導入し、累計470万回を超える高精度診断を実施している。

 「医師と病院」の観点では2つ。まず、AI技術を活用したレントゲン写真の分析ツールを提供している。AIに学習させるために用いたレントゲン写真の枚数は累計2億7000万枚に及び、実際にツールを使ってレントゲン写真を分析した患者の数は160万人、そのうちリスクの高い治療が必要との診断結果を示した人数は、約1割に相当する16万人になる。また、テンセントの対話アプリ「微信(ウィーチャット)」内で公式アカウントを開設している医療機関数は3万8000以上になる。そのうちの60%の病院は、公式アカウントを通じて何らかの医療サービスを提供している。

 「政府」の観点では、医療保険カードの電子化を推進する。既に中国全土で、400カ所を超える病院や6000店前後のドラッグストアで電子化された医療保険カードが利用できる。また、中国の病院で診療を受ける際に必要な健康カード(診察用IDカード)の電子化も進めており、これは中国全国で34の行政地区のうち、9地区で電子化している。