←第4回 多彩な時系列表現、どんなときに何を使う? ポイントは見やすさ

地理的なデータがあるときは、地図で表してみよう。地図で表すと、見た目にインパクトがあるだけでなく、地理的な関係も自然に考慮して読み解ける。その場合、点、面、線の3つの特徴を踏まえて使い分けるとよりインパクトが増す。

 地理的なデータがあるときは、地図で表してみよう。地図で表すと、見た目にインパクトがあるだけでなく、地理的な関係も自然に考慮して読み解ける。

 地図上に表すことができるビジュアルのタイプは、点・面・線の3つに大きく分けられる。それぞれの特徴を生かしたビジュアルを順に見ていく。今回は、交通に関する国土交通省のデータを主に使う。

地図から得られる気づき