@Yam_eye・2014年04月12日 「好きなことをやって生きる」というのは、欲望のままに生きることではない。好きなことと社会との接点を探し続ける、長く苦しい道のりのことを言う。

 東京の世田谷区に、時々お伺いするすし屋がある。奥様とお二人で切り盛りする小さな店だが、主人がとても繊細な仕事をする「名店」として、それなりに知られているらしい。その主人があるとき、ぼそっと言った。

直前の憂鬱
共感の場としての展覧会