コンビニエンスストアや飲食店などのアルバイト店員が、店の商品や什器(じゅうき)を使用して悪ふざけを行う様子をスマートフォンなどで撮影し、その撮影した動画をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿したことでネットにおいて炎上する事件、いわゆるバイトテロが、2019年2月、いくつも発生し、騒動となった。

バイトテロのイメージ画像
バイトテロのイメージ画像

Q1 過去に発生したバイトテロの内容は?

A1 いわゆるバイトテロと称される行為が最初に世間の注目を浴びたのは、07年7月に、吉野家の厨房内で店員がメニューにない超大盛り豚丼について「テラ豚丼」と称して作る様子を撮影し、ニコニコ動画に投稿した事件である。

 その後、13年に、ローソンにおいて、店員が、アイスケースに入り寝そべった状態の写真をFacebookに投稿した事件、多摩市の蕎麦(そば)屋・秦尚において、店員が、食器洗浄機や冷蔵庫に寝そべった状態で入りながらはしゃぐ様子の写真をTwitterに投稿した事件等が発生した。この頃から、これらの不適切行為の投稿により企業・店側のイメージダウン、什器等の清掃、売り上げ減少などの損害が発生することから、これらの行為が「バイトテロ」と呼ばれるようになった。また、不適切行為をTwitterに書き込むことについて、「バカッター」と呼ばれるようになり、13年の流行語大賞の4位を獲得している。この時期を第一次バイトテロ炎上騒動と呼ぶことができ、今回は、第二次バイトテロ炎上騒動といえる。

Q2 バイトテロは、どのような企業で発生しているのか?

A2 過去の事例や今回の事例において、事業者を事業の対象とするBtoBの企業においてはバイトテロがほとんど発生しておらず、主に消費者を事業の対象とするBtoCの企業、それも食品を扱う企業において、バイトテロが発生している。

Q3 約5年前の第一次バイトテロ炎上騒動との違いは?

A3 約5年前にバイトテロが頻発した時には、そのコンテンツは静止画であった。また、バイトテロの一次的な投稿先はTwitterであり、拡散媒体もTwitterであった。しかし、今回のバイトテロでは、そのコンテンツは動画へ、また、一次的な投稿先もInstagramのストーリーズ機能の利用へと変化している。ただし、バイトテロの拡散SNSは、約5年前と変化することなくTwitterである。すなわち、約5年前と今回とでは、コンテンツが静止画から動画に変化しており、その一次的な投稿先もTwitterからInstagramへと変化しているが、拡散媒体は共にTwitterのままである。

 今回、一次的な投稿先となっているInstagramは、約5年前の第一次バイトテロ炎上騒動時には日本においてはその利用者が少なく、そのストーリーズ機能は、その後、16年8月に備えられたものである。

Q4 一次的な投稿先がInstagramとなっている理由は?

A4 まず、Instagramの公式機能自体としては、Twitterのようなリツイート機能が備わっておらず、また、投稿された画像や動画をダウンロードする機能も備わっていないため、Instagramそれ自体としては、一般的にTwitterと比べ拡散機能が弱いSNSである。今回、不適切動画が投稿された媒体は、TwitterではなくInstagramで、そのタイムラインに投稿されたのではなく、投稿されてから24時間経つと自動的に表示されなくなる機能を有するストーリーズである。

 バイトテロを起こした投稿者であるアルバイトには、そのようなInstagramのストーリーズ機能を使えば、あまり拡散されることはないであろうという考えがあり、拡散されるという意識が弱かったものと考えられる。このようなことから、投稿者は、TwitterではなくInstagramを第一次的な投稿先に選んだと考えられる節がある。

 しかしながら、今回もアルバイトによる不適切投稿が炎上するに至っている。これは、主にInstagramに不適切行為が投稿された後、その不適切投稿を見た第三者がその不適切投稿をダウンロードし、またはスクリーンショットして、リツイート機能を備えて拡散力が強いTwitterに転載したことによる。Instagram自体は拡散力が弱く、ダウンロード機能が備わっていないが、iPhoneの画面収録機能や別のアプリを用いることで不適切投稿は容易にダウンロードされるものであるため、不適切投稿が転載され拡散される可能性がある。ネットには、炎上させる目的で、不適切投稿がないか日々調べている者もいるため、公開設定のアカウントの場合には、Instagramのストーリーズ機能を使った投稿であっても、拡散されないとは言えない。

 また、親しい友人などだけとつながっている非公開設定のアカウントであるとしても、フォロワーが転載する可能性があることから、非公開設定のアカウントへの投稿でも、拡散されないとは言えないのである。