目を引くイベントの告知が舞い込んだ。「誰が漱石を甦らせる権利をもつのか?」。2018年8月26日、東京にある二松學舍大学が、夏目漱石を蘇らせた漱石アンドロイドを使って、劇作家の平田オリザによる新作舞台の世界初演を行うという。さらに、開発者の石黒浩・大阪大学教授や孫の夏目房之介も加わって、「偉人アンドロイド基本原則」を考えるシンポジウムを開催するというのだ。出演者の一人であり、こうした「再生スター」の権利について発言してきた福井健策弁護士に話を聞いた。

Q1 AI(人工知能)・ロボティクスを活用して「復活」を遂げる著名人のニュースは最近、少なくないが?