博報堂のシンクタンク、博報堂生活総合研究所は2018年11月26日、同年12月の消費意欲を予想した「来月の消費予報」を発表した。指数は56.1点と前月比(同年11月)で9.4ポイントと大幅上昇したが、前年同月比(17年12月)はで-0.8ポイントとほぼ横ばいだった。

 同調査は20~69歳の首都圏・名古屋圏・大阪圏在住の男女1500人を対象に、「来月の消費意欲を100点満点で考えるとどれくらいになるか」を聞いて、点数化したもの。「消費意欲(モノを買いたい、サービスを利用したいという欲求)が最高に高まった状態を100点とすると、あなたの来月の消費意欲は何点くらいですか」と尋ね、さらに自由回答で「あなたが来月、特に買いたいモノ・利用したいサービスはありますか」と質問した。

 12月はクリスマスや年末年始を控え、1年で最も消費意欲が高まる特別な月。前年同月比で-0.8ポイントと前年を割り込んだものの、引き続き消費意欲は高水準だった。