日本自動車販売協会連合会が2018年8月1日に発表した7月の乗用車(普通車・小型車)の新車販売台数は、24万5068台だった。前年同月比1.6%増で、7カ月ぶりに前年同月を上回った。

7月のトップはトヨタ「アクア」の1万1689台で、4カ月連続で首位(写真はホワイトパールクリスタルシャイン)
7月のトップはトヨタ「アクア」の1万1689台で、4カ月連続で首位(写真はホワイトパールクリスタルシャイン)

 8月6日に発表した7月の乗用車ブランド通称名別順位では、トップはトヨタ「アクア」の1万1689台(同2.6%減)で、4カ月連続で首位だった。