日本自動車販売協会連合会が2018年5月1日に発表した同年4月の乗用車(普通車・小型車)の新車販売台数は19万3585台。前年同月比1.2%減とほぼ横ばいだった。5月8日に発表した乗用車ブランド通称名別順位では、トップはトヨタ「アクア」の9495台(同22.3%増)だった。

2018年4月の乗用車ブランド通称名別順位で、トップは6カ月ぶりにトヨタ「アクア」に(画像はSグレード クリアエメラルドパールクリスタルシャイン オプション装着車)
2018年4月の乗用車ブランド通称名別順位で、トップは6カ月ぶりにトヨタ「アクア」に(画像はSグレード クリアエメラルドパールクリスタルシャイン オプション装着車)

 「アクア」は2017年10月から6カ月ぶりに首位に返り咲いた。2位はトヨタ「プリウス」で8382台(同15.5%減)。3位は日産「ノート」の7836台(同15.4%減)で、18年1月から3月までトップだったが今回、順位を下げた。

出所:日本自動車販売協会連合会 発表資料
出所:日本自動車販売協会連合会 発表資料