※日経トレンディ 2018年12月号の記事を再構成

個人向けスキャナーのロングセラーPFU「スキャンスナップ」シリーズに、6年ぶりの新モデルが登場した。10月に発売された「スキャンスナップ iX1500」は、新たにタッチパネルを搭載。かつてのiPhone 5よりも大きい4.3型の液晶で、スマホのように直感的に各種操作ができるようになった。

PFU「ScanSnap iX1500」
【デジタル】
●実勢価格/5万7020円(税込み)
●サイズ・重さ/幅292×高さ152×奥行き161mm(トレー収納時)、幅292×高さ293×奥行き494mm(トレー全開時)・3.4kg
●液晶/4.3型
●読み取り速度/両面・片面30枚/分
●発売日/10月12日

 従来モデルでは読み込む原稿の種類に合わせてパソコンでスキャン設定を行う必要があったが、iX1500では本体のタッチパネル上にあるボタンを選んでタップするだけと簡単だった。

 用途によって複数提供されていた各種専用ソフトは「スキャンスナップ ホーム」に統合。書類のタイトルや名刺の名前を読み取り、自動でファイル名を付けるなど、スキャンデータを総合的に活用できる機能を数多く搭載している。

原稿の読み取り速度は毎分30枚(両面・片面)と高速化。スキャンデータを無線LAN経由でスマホへ送ることもできる
統合ソフト「スキャンスナップ ホーム」。スキャンデータをまとめて管理できる
タッチパネルの画面。画面上のボタンや機能はパソコンでカスタマイズできる
ヒット予報
書類の自動分類やファイル名生成機能などは非常に便利。実勢価格が6万円弱と高めで、名刺の文字認識などはまだ完全とはいえないが、料金明細や学級通信など、身の回りにあふれる紙の“断捨離”には向く