※日経トレンディ 2018年8月号の記事を再構成

17年、アンドロイド端末で販売台数トップに立ったのは「HUAWEI P10 lite」(ファーウェイ・ジャパン)だった。実勢価格が約3万円と手頃な割に、機能が充実している点がヒットの理由。6月に発売された後継モデル「HUAWEI P20 lite」も、価格設定は税別で3万円台前半とミドルレンジに位置する。

ファーウェイ・ジャパン「HUAWEI P20シリーズ」
【スマホ】
● 実勢価格/3万1980円(税別)
●サイズ・重さ/幅71.2×高さ148.6×厚さ7.4mm・約145g
●メモリー/ROM32GB、RAM4GB
●画面/約5.84型フルHD+液晶
●カメラ/1600万画素+200万画素(背面)・1600万画素(前面)
※スペックはP20 lite

 最大の特徴は、ディスプレーを極限まで大きくし、ディスプレー上部にある前面カメラ部分を切り欠きにした「ノッチデザイン」。iPhone Xから始まった最新トレンドで、見た目はよく似ている。ガラスボディーの質感も高く、3万円台とは思えない仕上がりだ。