放映後の調査で明らかになるテレビCMの効果を、放映前の段階で的確に予測し、CM効果を高めるポイントまでも把握できるシステムが、この夏にも実用の段階に入っている。曖昧模糊とした「魅力」を数値化して予測、改善に生かす魅力工学シリーズ特集の第4弾は「テレビCM」を取り上げる。CMのABテストが事前に容易になることで、CM制作工程に変化が起きそうだ。

 放映したテレビCMが、どのくらい視聴者の記憶に残るか、好感・関心を持ってもらえるか、買いたくなるか──。

 放映後の調査で明らかになるCM効果を、放映前の段階で的確に予測し、CM効果を高めるポイントまでも把握できるシステムが、この夏にも実用の段階に入っている。

 ビデオリサーチと東京大学大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻の山崎俊彦准教授が共同研究しているプロジェクトだ。

第3回
AIが推薦、閲覧者増えるハッシュタグ 6万枚の画像解析から抽出
第5回
バナー広告クリック率の高低予測精度、専門家は53% AIは70%