←第5回 ユーザー観察を基に「高級ゴム手袋」を企画したワケ

山崎金属工業/カレー賢人

*山崎金属工業のカレー専用スプーン「カレー賢人」の「サクー」。価格は1250円(税別)

 金属洋食器メーカー、山崎金属工業(新潟県燕市)の「カレー賢人」は、カレーを食べるためだけに開発した専用スプーンだ。2017年7月に発売するや人気に火がつき、3カ月で1万本を売り上げるヒット商品となった。安いスプーンなら100円ショップでも買えるが、カレー賢人は1本1250円(税別)という高価格。にもかかわらず人気に生産が追いつかず、18年3月にはやむなく販売を一時休止するほどだった。

 カレー賢人には「サクー」と「キャリ」の2つのモデルがある。ユニークなのは左右非対称のサクーの方で、全体の6〜7割の売り上げを占める。一般的なスプーンでは尖っている先端が、サクーでは斜めの緩いカーブを描いているのが大きな特徴だ。この先端を使って、カレーの大きな具材を名前通りサクッと「割く」ことが容易になるという。さらに、スプーンの先端と皿が接触する部分が一般的なスプーンよりも長くなるので、皿に残った米粒やルーをすくいやすい。この新しいデザインを生みだしたのは、1人の若手社員による“カレーの聖地巡礼の旅”だった。

*山崎金属工業のカレー専用スプーン「カレー賢人」の「キャリ」。価格は1250円(税別)

 開発が始まったのは15年。金属洋食器の老舗として高級路線を歩んできた同社だが、近年は主力の販売先である欧米の高級百貨店向けの売り上げが伸び悩んでいたという。そこで独創的な商品を開発し、新しい市場開拓に挑戦した。それがカレーだった。カレーは“国民食”といわれるほど日本人に親しまれ、さらにスプーンを連想しやすいメニューであることが、ターゲットに選ばれた理由。開発を担当した国内営業部の中村雅行・係長が向かったのは、カレーの名店がひしめく激戦区、東京・神田神保町だった。「東京出張のときはもとより、大阪や名古屋出張でも一旦東京で降りて神保町に行く。毎月1〜2回のペースで通っていた」(中村係長)。

開発を担当した国内営業部の中村雅行・係長(左)と、リサーチのために足しげく通った東京・神田神保町(右)。神保町を含む神田かいわいには約400軒ものカレー店があり、カレー好きにとっての“聖地”だ

カレーを食べる人を観察し話を聞く

 中村係長が神田神保町に向かった目的は、一般の人がカレーを食べる場面を実際に観察し、たくさんの人の声を聞くためだった。ランチタイムには、近くの席の人の食べ方をそれとなく観察し、客足が一段落した午後に行けば、店の人に事情を明かして話を聞いた。何度も足を運ぶうち、店に“マイスプーン”持参で食べに来る人を見かけることがあった。「よほどカレーやスプーンにこだわりや思い入れがある人に違いない」。そう思った中村係長は思い切って声をかけたこともある。カレーに対する情熱を持った人がいることを実感したという。

 神田神保町では、毎年「神田カレーグランプリ」というイベントを開催していることも分かった。参加者の投票によって人気店を決めたり、食べ歩きスタンプラリーを実施したりしている。ラリーでは、一定の数以上の店を制覇した人に「神田カレーマイスター」の称号が贈られる。そこで中村係長は、事務局の紹介をもらい、カレーマイスターたちの公式・非公式の集まりに参加。さまざまな話を聞いた。

 多くの人の食べ方を観察すると、スプーンをナイフ代わりに具材を切る人が思った以上に多いことに気づいた。店の人からは、皿が大型化する傾向にあるのに、スプーンの大きさは変わらないのでバランスが悪いという声があった。カレー好きの人からは、皿に米粒が残ってしまうのが嫌だ、きれいに食べ切りたいという要望もあった。

 こうした声を反映し、16年8月にはアルミのモックアップ4点を製作。これらをマイスターたちに見せて意見を聞いて、さらに改良を繰り返した。最終的に製品化されたのがサクーとキャリの2つのモデルだ。最初に製造した30本は今までのお礼を込め、カレーマイスターたちに贈呈したという。

*カレーをすくいやすく、「スプーンの上のルーとライスの割合がちょうどいい“黄金比”になる」(中村係長)のも、重視したポイントの一つ
*「サクー」では先端を緩やかなカーブにして、力を入れても具材が逃げにくく切りやすいようにしている
箱の折り目がスプーンのシルエットになる専用パッケージ。新潟県燕市の企画会社MGNET(マグネット)がデザインした

(*写真提供:山崎金属工業)

目次