市場で優位に立てる独自のデータを得るのは難しい。これを障壁と見るのか、好機ととらえるのか。第3回目は社内外にある一般的なデータから、競争力のあるデータを生み出すために必要な考え方を紹介する。

第2回
工夫すればとれる、観客の感情や作業員の位置