市場で優位に立てる独自のデータを得るのは難しい。これを障壁と見るのか、好機ととらえるのか。第2回目はIoTなどを活用し、工夫しながら所望のデータを入手する企業の取り組みを紹介する。