「データ分析を進めようにも我が社には適切なデータがない。うちの会社はグーグルやアマゾンなどのビッグデータ企業とは違うのでしょうがない」「我が社にはデータサイエンティストがいないので、データがあっても加工ができない」

 ビッグデータのプロジェクトを進める担当者が必ずぶち当たる壁であり、こうした言い訳もよく聞かれる。しかしそうだろうか。無償や有償で入手できるデータが増え、センサーやIoT、人工知能(AI)などのテクノロジーが発展した今、工夫次第で新たなデータを作り出すことができる。