2018年1月に発売30周年を迎えた大塚製薬の「ファイブミニ」は、食物繊維6gを配合した“センイ飲料”のパイオニアだ。1988年、女性の健康を支える飲料として女性研究者3人が開発。ガラス瓶入りの100mlのオレンジ色の飲料は、繊維を意味するファイバーとミニを組み合わせて「ファイブミニ」と名付けられた。当時は「ヤマダかつてないセンイ飲料。」とのコピーと共に売り出し、爆発的に売れたロングセラー商品だ。

 30周年を目前にした2017 年、ファイブミニはパッケージをリニューアル。ラベルやロゴを変更した。さらに液色もオレンジ色からピンク色へと変更し、大幅なイメージ刷新を図っている。

 大塚製薬は「ポカリスエット」の青、「カロリーメイト」の黄、「オロナミンC 」の赤など、特定の色を使い続けることで色を商品の象徴として活用してきた。ファイブミニのように大きくリニューアルするのは、同社にとって稀な事例といえる。

1988年に発売した「ファイブミニ」は、1本(100ml)当たり食物繊維6gを含む特定保健用食品。2017年に21年ぶりとなるリニューアルを実施。パッケージだけでなく、リコピン(トマト色素)によって液色をピンク色に刷新。2018年1月に30周年を迎えたロングセラー商品は、若年層への訴求力を高め、販売数を伸ばした(写真提供:大塚製薬)
1988年に発売した「ファイブミニ」は、1本(100ml)当たり食物繊維6gを含む特定保健用食品。2017年に21年ぶりとなるリニューアルを実施。パッケージだけでなく、リコピン(トマト色素)によって液色をピンク色に刷新。2018年1月に30周年を迎えたロングセラー商品は、若年層への訴求力を高め、販売数を伸ばした(写真提供:大塚製薬)
[画像のクリックで拡大表示]

もう一度、目を向けてもらいたい。

 2016年から取りかかったファイブミニのリニューアルには、ロングセラー商品が抱えるジレンマを解消し、主に20代前後の若い女性に手に取ってもらう“若返り”の狙いがあった。そこで選んだのが、トマト色素のリコピンを用いたピンクの液色だ。液色ごと変えたのは、そのほうがインパクトが強いと判断したためだ。