サントリー食品インターナショナルは2017年4月、紅茶飲料の「サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA レモン」、9月に「ミルク」を発売した。最大の特徴は、味や製法はレモンティーとミルクティーといった紅茶にしながらも、色は紅茶のようなブラウン系ではなく、「透明」にしたことだ。

レモンティーには紅茶の華やかな香りとコクが楽しめ、レモンのさわやかさを引き出す「香り贅沢茶葉」を使用、ミルクティーにはコクと香りが楽しめ、ミルクティーと相性のいい「アッサム茶葉」を使用と、使う茶葉を変えている。レモンティーのレモンは有機レモン果汁を使用している(写真提供:サントリー食品インターナショナル)
レモンティーには紅茶の華やかな香りとコクが楽しめ、レモンのさわやかさを引き出す「香り贅沢茶葉」を使用、ミルクティーにはコクと香りが楽しめ、ミルクティーと相性のいい「アッサム茶葉」を使用と、使う茶葉を変えている。レモンティーのレモンは有機レモン果汁を使用している(写真提供:サントリー食品インターナショナル)
[画像のクリックで拡大表示]

 透明化を可能にしたのは、「高濃度アロマ抽出製法」という独自技術だ。紅茶の茶葉に水蒸気を当てて香りや風味を抽出し、その蒸気を集めることで、透明な液体の中にいれたての紅茶のコクと香りを抽出できるという。さらにミルクティーのミルクには、牛乳に含まれる乳糖や乳清ミネラルという透明成分を使用している。