携帯電話機やスマートフォンが普及し、腕時計を必要とする場面は減っている。中国メーカーは、安価な腕時計を販売し、アップルなどは通信機能を備えたスマートウオッチを展開する。腕時計メーカーは、こうした新勢力に対して独自性を打ち出せなければ、近い将来存続できなくなるかもしれない。