ある老舗企業では2代目になった若手社長が、リブランディングを計画していた。ライバルと差異化することで業績を回復させ、さらにネット時代の方向性を示すため、今までとは異なる企業の新しい姿勢を示そうとした。