インサイド

企業のマーケティング事例を取り組みの背景から、その解決策と成果、そして「次の一手」に着目して解説する。ヒット商品の開発から、最先端のデジタルマーケティング施策、さらにはAI、ビッグデータ活用事例まで網羅する。

目次

  • 2018.08.10
アマゾンAlexa超える「AIアナウンサー」登場 滑らかに話せるワケ
2018年8月、米アマゾン・ドット・コムが提供するスマートスピーカー「Amazon Echo」で読み上げるニュースが、突然滑らかな日本語になった。といっても、Amazon Echoで読み上げられるすべてのニュースというわけではない。Alexaのスキル「ハロー エディオン」のニュースサービスで、AI(人工知能)アナウンサーの「荒木ゆい」による自然な日本語のニュース読み上げが提供されるようになったのだ。
  • 2018.08.10
長持ちミント、新食感チーズ…森永製菓が外部デザイナーと開発
様変わりする市場に合わせ、変革を迫られる大企業は、どこもかしこも「オープンイノベーション」に躍起だ。しかし、明らかな成果を得られているところは少ないのではないか。その点、森永製菓は4000人以上の登録デザイナーを擁するTRINUS(トリナス)と協力し、斬新な2つの製品を開発。クラウドファンディングを使ったテスト販売に踏み切った。どのような開発過程で、どんな製品が生まれたのか。
  • 2018.08.09
QRコード不要の“顔パス認証”拡大へ NECのAIで実験
イベントプラットフォーム事業を手掛けるイベントレジスト(東京・渋谷)は2018年8月29日、自社イベントで顔認証による来場者チェックインの実証実験を実施する。コンサートなどで採用される顔認証は転売チケットの利用防止などが主目的で、実際の受付はスマートフォンのQRコードや紙のチケットなどでしている。実験が成功すれば、文字通りの“顔パス”でのイベント参加が広がる可能性がある。
  • 2018.08.03
セブン&アイがデータ企業へ邁進 約200人の戦略推進本部を組成
セブン&アイ・ホールディングス(HD)が消費者データの収集、統合、活用へ急加速している。2018年6月にはスマートフォン用アプリを刷新し、リアル店舗でのIDにひも付く購買データの収集を開始。同月には大手企業10社とデータ活用の研究会を立ち上げて社外データ連係を視野に入れる。19年春にはスマホ決済サービスを開始し、さまざまな決済データの収集に乗り出す。グループの総力を挙げて“アマゾンエフェクト”への対抗を急ぐ。
  • 2018.08.01
衣料のしまむらが「寝具専門店」 常識覆す“柄物布団”で集客
2018年2月期決算が9期ぶりの減収減益に終わり、苦戦が続く衣料品専門店のしまむら。「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングと共に“デフレの勝ち組”といわれ、衣料品専門店では国内2位の座を死守してきた企業だけに、低迷する業績をいかに立て直すのかに注目が集まっている。そんななか、新たな切り札として期待されているのが、寝具・インテリアに特化した専門店だ。
  • 2018.07.31
隈研吾氏と森本千絵氏が手掛けた幼稚園 創造性を育むデザイン
横浜市にある高木学園附属幼稚園は、学校法人 高木学園の創立110周年を機に、園舎と園庭を全面リニューアルした。goen゜のアートディレクター、森本千絵氏が総合プロデュースを、建築家の隈研吾氏が設計を担当。創立110周年記念式典が開催された2018年6月16日、新園舎と園庭を公開した。
  • 2018.07.27
商品の用意で即“サブスク”コマース 寺田倉庫が支援サービス開始
月額定額で商品やサービスを利用できる「サブスクリプション(定期購入)型コマース」が広がっている。音楽などデジタル系サービスから始まったが、アパレル、クルマなど大手製造、流通業の参入も相次ぐ。そこに大きな商機を見いだしたのが寺田倉庫(東京・品川)だ。シェアリングサービスやサブスクリプション型コマースの構築サービス「FUN」の提供を2018年7月27日に開始した。
  • 2018.07.26
武田薬品工業の新オフィス 漢字アートで企業姿勢を発信
武田薬品工業は、東京・日本橋にある「武田グローバル本社」を2018年7月2日にオープンした。本社ビルをメディアとして位置付け、壁などに配置した漢字アートで企業姿勢を発信している。また投票でチェアとデスクを選ぶなど、社員の意向を大きく配慮しているのも特徴。「社員が働きやすいオフィス」のモデルケースになりそうだ。
  • 2018.07.24
ソニーがリコーのデジカメを機能拡張 競合が協業先へ(後編)
リコーは2018年7月23日、全天球カメラ「THETA(シータ)」向けの拡張ソフトウエア配信サービス「RICOH THETA プラグインストア」を開設した。同ストアは、最新機種「RICOH THETA V」に機能拡張のソフトをインストールできる。スマートフォンにアプリをインストールするような感覚でTHETAに拡張ソフトをインストールできるプラグインストアはリコー版「App Store」と言える。サービスの開始当初は無料ソフトの提供から始める。今後、有料ソフトの提供や課金の仕組みを整えて、開発者から手数料を徴収するプラットフォームモデルへ育てる。
  • 2018.07.24
夕方以降「疲れた、眠い」の発話が多い、ホンダ沖縄実証
ホンダは新ビジネスの戦略策定とオープンイノベーションを加速している。2017年11月から18年2月にかけて沖縄県那覇市を中心に実施したAI(人工知能)を活用した音声応答技術による活用観光案内の実証実験で得た知見をベースに「安心・安全」などに関する新ビジネスの開発に着手した。

関連特集/連載

マツキヨに学ぶブランド再生術
全5回
マーケの虎の巻
これからの子どもに何が必要なのか
全3回
子どものパソコン活用への期待
全3回
場の革命
全6回