レコメンドウィジェット広告サービスの再編が進みそうだ。日経クロストレンドの既報通り、ヤフーはレコメンドウィジェット型の広告サービス「Yahoo!コンテンツディスカバリー(YCD)」を、2019年9月30日に終了する。19年9月以降、順次入稿審査などを終了し、同月末で配信を停止する。

ヤフーは2019年5月15日、レコメンドウィジェット型広告「Yahoo!コンテンツディスカバリー(YCD)」を同9月30日に終了すると発表した
ヤフーは2019年5月15日、レコメンドウィジェット型広告「Yahoo!コンテンツディスカバリー(YCD)」を同9月30日に終了すると発表した

 レコメンドウィジェット型広告とは、Webメディアの記事下に関連記事の一覧を表示できる機能を媒体社に提供する代わりに、一覧の枠の一部に広告を配信して収益を得るサービスだ。ヤフーはレコメンドウィジェット広告大手の米タブーラのシステム提供を受け、YCDを提供していた(関連記事)。

「CNN.co.jp」のサイトに掲載されたレコメンドウィジェット型広告
「CNN.co.jp」のサイトに掲載されたレコメンドウィジェット型広告

 「今後、有力企業以外の淘汰は起こりえる」。マーケティングコンサルタントの高広伯彦氏はこう予測する。高広氏自身も19年5月まで、ヤフーの提携相手であるタブーラの日本法人に勤めていた。

 タブーラは1社独占契約を条件に営業活動をする。媒体社が複数のサービスを導入して、サイト利用者のデータが分散化すると、精度の高いレコメンデーションをすることが難しいとの考えからだ。しかし、日本企業は複数のサービスを導入して競わせることで、より収益性の高いサービスを見極めたい企業が多い。この日本市場のニーズとタブーラの営業方針が合わず、グローバルでは大手のタブーラも国内では苦戦が続くと高広氏は見る。

 米国発のレコメンドウィジェット広告の有力企業アウトブレイン ジャパンの嶋瀬宏社長も同様の見通しだ。「日本市場では今後、事業統合やサービス停止が相次ぐ。2年後には現在のプレーヤーの多くはおそらく残っていないだろう」。

再編が進むと見られる理由は市場の成熟

 その要因は市場の成熟にある。13年のアウトブレイン日本参入を機に、国内市場が活発化した。それから6年が経ち、新聞社のニュースサイトなど、広告業界でプレミアムメディアと呼ばれる大半のサイトにレコメンドウィジェット型広告が導入されている。「有力な媒体社の主要な配信面は、既に主要プレーヤーで埋まっている」と高広氏は言う。