JR東日本グループの日本ホテル(東京・豊島)が、米マリオット・インターナショナルと提携。2020年4月、東京・竹芝に高級ホテル「mesm Tokyo, Autograph Collection(メズム東京、オートグラフ コレクション)」を開業する。東京の水辺にどんな彩りを加えるのか。

2020年4月、東京・竹芝に開業するホテル「mesm Tokyo, Autograph Collection」。ロビーから高級感が漂う
2020年4月、東京・竹芝に開業するホテル「mesm Tokyo, Autograph Collection」。ロビーから高級感が漂う

 東京湾に面し、浜離宮恩賜庭園と隣り合う東京・港区の竹芝エリア。水と緑に縁どられ、伊豆諸島、小笠原諸島へ向かう船の発着場としても知られる都心のウォーターフロントで、JR東日本グループが大規模な街づくりに乗り出した。

 敷地の広さは約2万3000平方メートル。一帯を「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」と名付け、地上26階・地下2階建ての高層棟と、地上6階・地下1階建ての劇場棟、そして約430台を収容する駐車場棟を整備する計画だ。広場やテラスも配し、文化や芸術を発信しながら、心が潤う豊かさを生み出す街づくりを進めていくという。

 mesm Tokyoが入るのは、高層棟の16~26階。高層棟にはオフィスも入り、劇場棟には劇団四季の春劇場と秋劇場がオープン。既存の自由劇場と合わせて3館体制となる。高層棟と劇場棟それぞれの低層階では、アトレが商業施設を運営する。高層棟と駐車場棟が2020年4月、劇場棟は20年内に開業する予定で、水辺に新たなランドマークが生まれる。

WATERS takesibaは浜離宮恩賜庭園と向かい合う立地。ここに、高層棟、劇場棟、駐車場棟の3棟を整備する
WATERS takesibaは浜離宮恩賜庭園と向かい合う立地。ここに、高層棟、劇場棟、駐車場棟の3棟を整備する

 mesmとは、英語のmesmerizing(メズマライジング)から取った。「魅了する、魔法をかけるという意味がある。ゲストの五感に心地良く訴え、魅了していくホテルにしていきたい」と日本ホテルの里見雅行社長は説明する。

日本ホテル社長の里見雅行氏。五感に訴え、魅了するラグジュアリーホテルを目指す
日本ホテル社長の里見雅行氏。五感に訴え、魅了するラグジュアリーホテルを目指す

 日本ホテルは、首都圏を中心に計31ホテル5128室を展開している。国の重要文化財にも指定された東京駅丸の内駅舎内で東京ステーションホテルを運営し、ホテルメトロポリタンを県庁所在地や新幹線の停車駅を中心に開業。宿泊特化型ホテルとしてJR東日本ホテルメッツを拡大している。

 「その土地ならではの魅力をいかに体験していただくかに力を入れてホテルを運営してきた。竹芝でも、東京のウォーターフロントの魅力を、十分に体験いただけるようなラグジュアリーホテルをつくっていきたい」(里見氏)。

JR東グループ初の海外ホテルとの提携、双方の狙い

 mesm Tokyoは、東京ステーションホテルに匹敵するラグジュアリーホテルになる。新ブランドとして立ち上がるだけでなく、JR東日本グループとして初めて海外のホテルと手を携える点で、画期的なプロジェクトだ。JR東日本グループにとっては、マリオットの世界的なブランド力と会員組織を生かし、訪日外国人客(インバウンド客)の取り込みを強化できる。

 ホテル名として併記される「オートグラフ コレクション」は、マリオットの30あるホテルブランドの一つ。「Exactly Like Nothing Else」、すなわち他にはない体験を提供することを旗印に、30以上の国・地域で160軒以上が加盟している。マリオットという名を冠さず、各ホテルの独自性や個性に重きを置いているのが特徴で、日本では、東京・高輪のザ・プリンスホテル さくらタワー東京に続く2軒目。アジア太平洋地域では9軒目で、さくらタワーがリニューアルオープンを機に参画したのに対し、mesm Tokyoは新設ホテルとして加わる。

 マリオット側も「日本における認知度、存在感は、我々外資系には持ち合わせないほど極めて高い」(マリオット・インターナショナルで日本とグアムを担当するヴィクター大隅氏)とJR東日本グループに一目を置く。