東洋紡がMakuake(東京・渋谷)とタッグを組み、消費者向け新商品の開発を始めた。第1弾は、高機能繊維を用いたドッグウエア。クラウドファンディングで予約販売をしたところ、目標支援額(目標売上額)100万円に対し340万円を集めた。開発から販売までを一貫して経験することで、人材育成を図る。

東洋紡がMakuakeの支援を受け、クラウドファンディングを用いてBtoC商材の開発を始めた
東洋紡がMakuakeの支援を受け、クラウドファンディングを用いてBtoC商材の開発を始めた

 消費者向け新製品第1弾のドッグウエア「HUGLABO(ハグラボ)」は、人の衣服の快適性評価で得られた知見や老舗繊維メーカーとしての技術力をペット向けに転用。今回はインナーとニットの2つを開発した。

 HUGLABOモイストインナーは、家で着たり、肌着のようにニットの下に着たりできるよう軟らかく伸縮性の高い素材。抗菌機能繊維を織り込んであり、菌の増殖を抑制できる。

HUGLABOモイストインナー。肌触りがなめらか。Makuake限定価格で4500円(税込み)
HUGLABOモイストインナー。肌触りがなめらか。Makuake限定価格で4500円(税込み)
菌抑制の評価。抗菌繊維で菌の増殖速度を抑える
菌抑制の評価。抗菌繊維で菌の増殖速度を抑える

 HUGLABOウォームニットは、裏地があり風を通しにくいニット。裏地にはモイストインナーと同じ生地を採用。肌触りはなめらかで暖かさを求めた。

HUGLABOウォームニット。シンプルで飽きのこないデザイン。Makuake限定価格で5500円(税込み)
HUGLABOウォームニット。シンプルで飽きのこないデザイン。Makuake限定価格で5500円(税込み)
ニットの表面は撥水加工されている。散歩中の急な雨でも安心だ
ニットの表面は撥水加工されている。散歩中の急な雨でも安心だ

 クラウドファンディングの期間は19年3月13日~6月13日の3カ月間。開始から8日目で目標金額の100万円を達成、現在340万円を集めている。(19年5月30日時点)