ワコールは2019年5月30日に、東京・原宿の商業施設「東急プラザ表参道原宿」に新型店舗をオープンする。5秒で全身のサイズを計測できる3Dボディースキャナーと、接客AI(人工知能)を本格導入した店舗だ。同店を皮切りに、順次導入店舗を拡大予定。3年以内に100万人分のデータ取得を目指す。

ワコールは5秒で全身のサイズを計測できる3Dボディースキャナーと、接客AI(人工知能)を導入した期間限定店を2019年4月にオープンした
ワコールは5秒で全身のサイズを計測できる3Dボディースキャナーと、接客AI(人工知能)を導入した期間限定店を2019年4月にオープンした

 ワコールが新型店舗に導入する新システム「3D smart & try」は、全身の採寸をわずか5秒で行う独自開発の3Dボディースキャナーと、採寸データと個人の嗜好などから最適な商品を提案する接客AIシステムの2つから成る。ワコールは、2022年3月までに約100台の導入を計画しており、年内にも数店舗で導入を予定している。

5秒で150万カ所を測定し体形分析

 ボディースキャナーは、下着のサイズ提案に必要な身体の座標(空間上のXYZ座標)を取得するため、四隅にセンサーが取り付けられた専用のマシンを使い、体の約 150 万カ所を計測するシステム。わずか5 秒間で、バストやウエストなどの周径、体積(バストのボリューム)を計測するほか、胴の形状など、体形の特徴も判定する。計測したデータは、店内のタブレット端末ですぐに確認できる。過去のデータとの比較も可能だ。

東京・表参道の期間限定ポップアップショップに設置された3D ボディースキャナー
東京・表参道の期間限定ポップアップショップに設置された3D ボディースキャナー
体の 3D スキャンデータ例(左)と、現状と過去のデータの比較例(右)
体の 3D スキャンデータ例(左)と、現状と過去のデータの比較例(右)

 新型店のオープンに先駆けて、ワコールは4月19日から5月12日まで、3D smart & tryを試せる期間限定店を東京・表参道ヒルズ1階のイベントスペースにオープンした。試着室にボディースキャナーが設置されており、来店客がセルフサービスで計測する。試着室に用意された計測用のブラジャーを身に着け、下着姿で足元に描かれた指示位置に立つ。左右にあるレバーを手で上げ下げするだけで計測は完了する。事前にビデオガイダンスによる説明があるので、初めての利用客でも迷うことはないだろう。

 計測を終えたら計測データを呼び出すために生年月日と、4桁の暗証番号を登録する。その後、モニターに表示される一文字の認証用アルファベットを覚えたら着替えて店内に戻る。

計測データの例
計測データの例