アバターをまとって配信するVチューバー人気が加速。VR(仮想現実)内で楽しむゲームや交流サイトも続々と登場し、仮想空間で活動する「VR市民」は増え続けている。18年にはアバターの展示即売会が誕生し、人々が殺到。仮想空間での新たな消費行動を捉え、セブン&アイ・ホールディングスなどの大手も動き始めた。

 2019年3月8~10日、3日間で延べ12万5000人もの来場者を集める巨大イベントが開催された。多数の人々が詰め掛けたのは、トップアーティストのライブツアーでも、巨大音楽フェスでもない。ネット上のVR(仮想現実)空間で開催された「バーチャルマーケット(以下、Vケット)」だ。

Vケットは、米国発のソーシャルVRプラットフォーム内の特設ワールドで開催。参加者は3Dアバターをまとって自由に歩き回れる。HMDがない場合でも、パソコンで参加が可能だ ©Virtual Market
Vケットは、米国発のソーシャルVRプラットフォーム内の特設ワールドで開催。参加者は3Dアバターをまとって自由に歩き回れる。HMDがない場合でも、パソコンで参加が可能だ ©Virtual Market

 Vケットは、VR法人と銘打つHIKKY(東京・渋谷)が18年8月に世界で初めて開催したVR展示即売会。HTCの「VIVE」やフェイスブック傘下オキュラスの「Oculus Rift」などのVRヘッドマウントディスプレー(HMD)を着用すれば、アバターに身を包んであたかも会場にいるような感覚で展示ブースを回れる。クリエーターが出展している3DアバターやVRサービス内で使える装飾品などの3Dオブジェクトが販売され、個人や小規模グループが同人誌やオリジナルグッズを持ち寄る即売会「コミックマーケット」のVR版ともいえる。19年3月のイベントはその第2弾に当たる。

 18年の第1弾は1日のみの開催ながら、約80のグループが出展。今年3月の「バーチャルマーケット2」では、3日間に会期を拡大し、出展グループは400以上に膨れ上がった。「米国や韓国など、海外からの来場者も少なくない」(HIKKY代表の舟越靖氏)。

Vケットの第2弾「バーチャルマーケット2」は、3日間にわたって開催。世界各国から人々が会場に詰め掛けた ©Virtual Market
Vケットの第2弾「バーチャルマーケット2」は、3日間にわたって開催。世界各国から人々が会場に詰め掛けた ©Virtual Market

アバターの試着や小道具の試用など新たな買い物体験も

 いざ、VRゴーグルを装着して特設会場に入ると、空間の多彩さに驚かされた。Vケット2では、大空を泳ぐ巨大なクジラの背にあるエントランスを含む、6つの会場を用意。サイバー感のあふれる近未来的な空間や、中世ヨーロッパの街並みを感じさせるレトロな空間など、さまざまな世界に一瞬でワープできるのは仮想空間ならではだ。

仮想空間内のエントランスを抜けると、個性的で多彩な世界が複数存在している。瞬時にワープしてさまざまなエリアに行けるのはVRの魅力だ ©Virtual Market
仮想空間内のエントランスを抜けると、個性的で多彩な世界が複数存在している。瞬時にワープしてさまざまなエリアに行けるのはVRの魅力だ ©Virtual Market

 会場には各サークルのブースが設置され、VR空間で利用できる3Dモデルを展示。アバターに加えて、武具や生活雑貨などの小道具も多数並んでいた。

 VRゲームなどの場合、アバターはサービス側で用意されているものを使うことが基本。だが、「“仮想空間で生きる”ユーザーの増加に伴い、アイデンティティーや自己表現のためにオリジナルのアバターを求める傾向が強くなっている」と舟越氏は語る。

 ただ、アバターを一から作るには、3Dモデリングに関する専門知識が必要不可欠。そんな中、Vケットでは簡単にアバターを購入でき、誰でも自分好みのスタイルに変身できる。アバターは、見るだけでなく、その場で“試着”が可能。小道具も手に持って試せるなど、VRならではの新しい買い物体験が得られた。

3Dアバターやオブジェクトを展示・販売するブース。購入は、設置されたQRコードなどを読み込んで外部サイト経由で行う ©Virtual Market
3Dアバターやオブジェクトを展示・販売するブース。購入は、設置されたQRコードなどを読み込んで外部サイト経由で行う ©Virtual Market