ヤフーがコンテンツマーケティング支援事業から撤退することが、日経クロストレンドの取材により明らかになった。同社は、2014年から提供している広告サービス「Yahoo!コンテンツディスカバリー」を19年9月末に終了すると導入先などへ案内し始めた。代替サービスは予定しておらず、事実上の撤退となる。

ヤフーは2019年9月30日に「Yahoo!コンテンツディスカバリー」を終了すると案内し始めた
ヤフーは2019年9月30日に「Yahoo!コンテンツディスカバリー」を終了すると案内し始めた

 Yahoo!コンテンツディスカバリーは、レコメンドウィジェット型と呼ばれる広告サービス。ヤフーの運営する「Yahoo!ニュース」を始めとする自社媒体や、導入する媒体社のサイトの記事ページ内に、関連性の高い記事の一覧を表示。記事一覧の枠の一部に広告を掲載して、広告主のサイトへと集客するサービスだ。レコメンドウィジェット型広告事業の米タブーラと業務提携を結び、サービスを提供してきた。朝日新聞出版の「AERA dot.」、集英社のスポーツメディア「スポルティーバ」などが導入している。

 ヤフーは、このYahoo!コンテンツディスカバリーを導入する媒体社や、広告枠の販売を請け負う広告代理店に対して、サービス終了を通達し始めた。19年9月30日で、サービスを終了し、広告配信を停止する予定だ。メディア関係者によれば、ヤフーは「中長期的な視点で広告サービスの見直しを図った」と、終了理由を説明しているという。