“髪を切らない”定額制の美容室が2019年5月11日、東京・銀座に誕生した。シャンプーとブローに特化した専門店で、月額1万6000円(税別・以下同)から通い放題。「指名制度なし」「週1回勤務OK」と働き方も斬新で、3億円超の資金調達に成功。100店舗体制へ進撃の狼煙(のろし)を上げた。

シャンプーとブローに特化した月額定額制の美容室が、東京・銀座に誕生した
シャンプーとブローに特化した月額定額制の美容室が、東京・銀座に誕生した

 銀座の玄関口にある商業施設「キラリトギンザ」(銀座1丁目)の3階に、新感覚の美容室がオープンした。座席が4つ、シャンプー台が2つ置かれた店内に、ヘアカットやヘアカラーのメニューはない。シャンプーとブローのみで素早く髪形をセットする、その名も「Jetset(ジェットセット)」である。

 ビジネスモデルも新しい。定額制(サブスクリプション)で通い放題の「サブスク美容室」であり、全部で3つのプランを用意した。ブローとアイロンのみの20分コース「SPEED plan」が月額1万6000円(ビジター価格1回3100円)、シャンプーとブローをセットにした30分コース「JETSETTER plan」が月額1万8000円(ビジター価格1回3600円)、シャンプーとブロー、アイロンという45分のフルコース「JETSETTER PRO plan」が月額2万3000円(ビジター価格1回4500円)。

 これらにヘアアレンジやヘッドマッサージ(各500円~)、前髪カットやヘアマスク(各1000円)、Tゾーンカラー(2000円)、トリートメント(3000円~)をオプションで付けられるという仕組みだ。コンセプトは「30分でキマる髪の新習慣」。フリードリンクサービスには、シャンパンも含まれており、ラウンジにいるかのようなリッチな気分が味わえる。

 運営企業であるジェットセット(東京・港)を創業し、CEO(最高経営責任者)を務めるのは、ジュリア・スポッツウッド氏(Julia Spotswood)。神奈川県鎌倉市で生まれ育ち、7歳のときに家族とともに米サンフランシスコに移住。米アリゾナ大学で財務と会計を学び、大手会計事務所のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)のニューヨークオフィス、日本オフィスなどで、コンサルティング業務を手がけた経歴を持つ。

 2019年4月には、電通とベンチャーキャピタルのB Dash Ventures(いずれも東京・港)、そして投資家4人から総額3億2000万円の資金調達に成功。PR会社のサニーサイドアップ(東京・渋谷)も新たな株主に名を連ねた。目指すは100店舗。ハイスピードで出店を重ねていく計画だ。

ジェットセットを創業したジュリア・スポッツウッドCEO
ジェットセットを創業したジュリア・スポッツウッドCEO