LINEが約5年ぶりに検索サービスに再参入する。試験提供中の画像検索アプリ「LINE Pasha(ラインパシャ)」を機能強化し、2019年上期中にプロモーションを本格化する方針。LINEの検索サービス提供は13年12月の「NAVER検索」終了以来。LINE取締役CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の舛田淳氏がその勝算を語った。

LINE取締役CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の舛田淳氏
LINE取締役CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の舛田淳氏

 LINE Pashaは検索した対象物をカメラで写すだけで、情報を検索できるアプリだ。例えば、商品写真を撮影するだけで、商品情報を調べたり、ECサイトでの販売価格を比較したりできる。画像認識技術とディープラーニングを組み合わせることで、利用者の撮った写真から瞬時に情報を提供するサービスを開発した。「世界一のビジュアルサーチを目指す」とLINE取締役CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の舛田淳氏は意気込む。

 LINEにとって検索サービスへの再参入は悲願とも言える。韓国発の検索サービス「NAVER」を源流に持ちながら、国内では「Google」や「Yahoo! JAPAN」との競争に敗れ、サービス終了を余儀なくされた。その後、オープンな検索サービスとは正反対に位置付けられる、クローズなコミュニケーションサービスとして「LINE」を成功に導いた。

検索したい対象物に、スマートフォンのカメラを向けるだけで検索できる「LINE Pasha」
検索したい対象物に、スマートフォンのカメラを向けるだけで検索できる「LINE Pasha」

 ただ、検索サービスを諦めたわけではなかった。舛田氏はカンパニー制度を取るLINEにおいて、AI(人工知能)カンパニーのCEO(最高経営責任者)でもある。そのAIカンパニーを17年に立ち上げた際、「もう一度、私たちは検索に戻るんだ」という言葉を再三、社員に向けて発してきたという。AI技術を駆使して、新たな検索サービスを作ることは一つの目標だった。ただ、「一度、(検索で)失敗しているため再参入には、及び腰になる」(舛田氏)。勝算の見込めるサービスの開発が見込めるまで、機が熟すのを待ち続けた。

 転機となったのは、またもLINEを生み出したスマートフォンだった。友人間でネット上の情報を共有するときの手段といえば、一昔前はURLを送り合うことだった。時代は変わり、若者の間では共有したい情報ページのスクリーンショットを撮って送り合う方法が広がっている。そのほうが情報量が多く、人に伝えやすいからだ。

 ここに目を付けた。新たな検索方法として、「画像検索」がトレンドになると舛田氏は見た。AIの技術力を磨く上で培った、画像認識技術やディープラーニングを組み合わせて、再び検索に挑む。参入の狙いや、勝算のポイントについて舛田氏に聞いた。

LINEの検索サービス提供は約5年ぶりとなります。再参入の理由を教えてください

もう一度、検索サービスを手掛けたいという思いがありました。私はもともと「NAVER」というプロジェクトを日本で成功させるために入社しましたが、技術以前に利用者が集まらなかった。

 そこで検索とは真逆のサービスを始めました。それが「LINE」です。検索エンジンのクローラーが入り込めないクローズなコミュニティーを作った。検索で勝てなかった我々が、検索ではない世界を目指した。これが大きな成功を収めましたが、LINEの利用者が増える中で、検索にどうチャレンジするかが頭の片隅にありました。検索サービスは一度失敗しているため、再始動させるには技術を投下するにしても及び腰になります。

 ですが、LINEというプラットフォームが進化したタイミングで、もう一度、新しいステージで検索に挑戦しようという機運が高まりました。私たちの源流は検索です。そのDNAが流れているので、LINEをメッセンジャーで終わらせることなく、プラットフォームへと進化させてきたわけです。

検索に懸ける思いは、やはり特別だったのでしょうか。

(日本のLINE)創業メンバーにとって検索は特別なものでした。LINEも従業員が数千人の規模になり、新しいメンバーも多数います。ですが、AIカンパニーを立ち上げるに当たり、私は「もう一度、私たちは検索に戻るんだ」というメッセージを繰り返し発信し続けていました。

 AIカンパニーは最終的には検索に帰結する。それをどこまで本気のメッセージとして捉えていたかは分かりませんが、新しく入社した従業員も歴史をひもとき、その言葉の重さを理解しているはずです。