「無印良品」を展開する良品計画が東京・銀座にホテルを開業した。「MUJI HOTEL」の出店は国内で初。客室では、自社の家電やインテリアなどを置くほか、照明などをタブレットで操作できるシステムを導入し、一歩先を行く暮らしを提案する。ホテル向けに開発したバスタブとシンクの商品化も進める。

客室数は79室でセミダブルやツインなど9種類を用意。宿泊料金は1万4900~5万5900円(税、サービス料込み)。写真は部屋数が44と最も多い客室(TYPE C)。間口の狭い部屋を広く見せるため、壁掛けテレビを箱で覆うなどの工夫を施している。室内で使われているフロアライト、Bluetooth対応の壁掛けスピーカー、時計、アロマディフューザー、グラス、ドライヤーなどはホテルの下にある店舗「無印良品 銀座」で購入できる
客室数は79室でセミダブルやツインなど9種類を用意。宿泊料金は1万4900~5万5900円(税、サービス料込み)。写真は部屋数が44と最も多い客室(TYPE C)。間口の狭い部屋を広く見せるため、壁掛けテレビを箱で覆うなどの工夫を施している。室内で使われているフロアライト、Bluetooth対応の壁掛けスピーカー、時計、アロマディフューザー、グラス、ドライヤーなどはホテルの下にある店舗「無印良品 銀座」で購入できる

 「無印良品」ブランドを展開する良品計画は2019年4月4日、東京・銀座にホテル「MUJI HOTEL GINZA」をオープンした。同社のホテルは、中国の深セン、北京に次ぐ3店目。

 読売新聞東京本社と三井不動産が銀座3丁目に開発した複合ビルの地下1階から6階に世界旗艦店「無印良品 銀座」が、6~10階にホテルが入る。客室は全79。良品計画がコンセプトと内装監修を担当し、建築設計とホテル運営を手掛けるUDS(東京・渋谷)が、北京のホテルに続いて企画・内装設計を手掛け、同ホテルを運営する。

 良品計画の松﨑曉社長は、「アンチゴージャス、アンチチープがホテルのコンセプト。日常生活の延長で過ごせるホテルを実現した」と話す。(関連記事「MUJI HOTELを設計・運営、リノベーション時代の生き残り戦略」、「ホテルだけじゃない 良品計画が道の駅やコワーキング空間を展開」「無印良品の新旗艦店、見どころは『青果売り場』や『弁当販売』」)

 良品計画は、MUJI HOTELを店舗に併設することで、店舗の売り上げ増を狙うと同時に、新商品開発に活用する。

 例えば、フロアライトやBluetooth対応の壁掛けスピーカーといった家電やアメニティーなど、客室に自社商品を多く使用している。宿泊客にこれらの商品の良さを実感させることで、そのままホテル下の店舗での購入に誘導できる。実際、深センと北京のMUJI HOTELでも同様の形態を採用しており、併設する店舗の売り上げは好調に推移しているという。「先行する2店のホテルよりも、備品として無印良品の商品を多く使っており、現時点でのMUJI HOTELの完成形になった」と松﨑社長は期待を込める。

 良品計画のこうした狙いを実現するには、ホテルのデザインから接客まで一貫して無印良品らしさを表現する必要がある。UDSの梶原文生会長は、良品計画の金井政明会長と20年以上前からの知り合いで、以前から無印良品ブランドのホテルについての構想を聞かされていたという。同社は、8つの直営ホテルを含め、ホテル設計と運営の豊富な実績があることからMUJI HOTELを任されることになった。梶原会長は、「無印良品の思想を体現した、無印良品らしいホテルを実現することを第一に考えた。特に簡素でありながら、良質な内装にはそれが現れている」と説明する。

フロントの壁面には、かつて都内を走っていた路面電車の敷石を墨汁で着色したものを使っている。「街や生活の記憶を残したまま、再利用していくところも無印良品らしさの一つ」(UDS梶原会長)
フロントの壁面には、かつて都内を走っていた路面電車の敷石を墨汁で着色したものを使っている。「街や生活の記憶を残したまま、再利用していくところも無印良品らしさの一つ」(UDS梶原会長)