楽天と楽天野球団(仙台市)は、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」の本拠地「楽天生命パーク宮城」で2019年4月2日、完全キャッシュレスを開始した。球場内の購入はすべて現金不可。高齢者ファンも多く、混乱が予想されたが大きなトラブルはなし。その背景に楽天の周到な下準備があった。

「楽天生命パーク宮城」では4月2日、完全キャッシュレス化を開始した。青空も見えたが、時間によっては雪が舞う中でのホーム開幕だった
「楽天生命パーク宮城」では4月2日、完全キャッシュレス化を開始した。青空も見えたが、時間によっては雪が舞う中でのホーム開幕だった

 球春到来というには、あまりにも寒い。天気予報の最低気温は0度。晴れ間もあったが、時折灰色の雲が空を覆い、雪がパラついていた。それでも東北の熱心なファンは、球団が来場者プレゼントとして配布したクリムゾンレッドのフリースを羽織り、スタンドを埋めつくす。16時の試合開始後には、球場正面に「満員御礼」の看板も出た。

球場の周辺では、現金が使えないことを知らせるための看板や貼り紙が多数見られた
球場の周辺では、現金が使えないことを知らせるための看板や貼り紙が多数見られた

 球場の敷地内で目立つのは「×現金」と大きく書かれた看板だ。「お買い物の際、現金はご利用できません」と、拡声機からアナウンスが流れている。看板には、球場内で使える決済手段は、スマートフォンアプリ決済の「楽天ペイ」、電子マネー「楽天Edy」のほか、JCBやVISAなどのクレジットカードや、各種デビットカードに限られることが記されている。

小銭対応のEdyチャージャーも開発

 楽天生命パーク宮城では、06年3月に楽天Edyを導入。18年7月にはビールなどの売り子販売で楽天ペイによる決済に対応してきた。今シーズンは、現金不可という強気の施策に踏み込んだ。「国も推進しているキャッシュレス社会に率先して取り組み、世の中を活気づける」(楽天ペイメント社長の中村晃一氏)ことを狙うためだ。

 19年1月の発表からこの日まで、楽天は来場したファンの混乱を避けるための準備に注力してきた。メールやWebページはもちろん、チラシを配布し、仙台市内の公共交通機関の広告などでも現金が使えなくなることを告知した。

会場のEdyの現金チャージャーは昨年の24台から100台に増やした
会場のEdyの現金チャージャーは昨年の24台から100台に増やした

 そのうえで、球場のEdyの現金チャージャーは18年の24台から100台に拡充。通常のチャージャーはお札しか受け付けないが「お小遣いを握りしめた子供でも扱える」(中村社長)ように、小銭用のチャージ機も新たに開発した。各種の質問に応対するキャッシュレスデスクを球場内に5カ所設置している。球場内の係員500人が携帯型のEdyチェッカーを持ち、Edy残高の問い合わせに答えられるようにもした。また、当日の来場者全員には、特典としてEdyカードをプレゼントした。

「×現金」と大きく書かれた看板を下げた60人の説明員を配置した
「×現金」と大きく書かれた看板を下げた60人の説明員を配置した

 楽天は、既に19年3月2日に神戸で開催された「ヴィッセル神戸」の開幕戦でも完全キャッシュレス化を実施している。神戸では「試合までに相当の告知はしたものの、来場者の約2割は知らなかった」(楽天)という反省があった。そこで、楽天生命パーク宮城では、現金が使えないことを告げる看板を掲げたサンドイッチマン風の係員を当初の20人から60人体制に拡充した。