日本で年間250万人以上が挑む英語能力テスト「TOEIC(トーイック)」。運営団体のIIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)が、TOEICを掲げないイングリッシュカフェを始めた。おしゃれなカフェで、ほろ酔い気分で英会話を楽しむ。“脱テスト”を目指した試みの舞台裏に迫った。

日本酒の飲み比べを楽しみながら、英語で会話する参加者。IIBCが「ホビングリッシュ」をテーマに開催した
日本酒の飲み比べを楽しみながら、英語で会話する参加者。IIBCが「ホビングリッシュ」をテーマに開催した

 2月末、平日の昼下がり。東京・明治神宮外苑を臨むカフェで、ほろ酔い顔の男女が盃を交わしていた。おちょこに日本酒を注ぎ、飲み比べを楽しむ。聞こえてきたのは、英語の慣用句だ。

 「What flavor do you like?(どんな味が好みですか)」「I like sweet one.(甘口が好きです)」。キレがあるは「sharp」、芳醇(ほうじゅん)は「mellow」、軽やかは「light」、香り豊かは「fragrant」。味や香りの違いを楽しみながら、英語でどう表現するかをネーティブの英語講師から学んでいた。

 テーマは「ホビングリッシュ」。趣味(Hobby)を通じて英語(English)を話すのがコンセプトで、TOEICを運営するIIBCが主催した。

 甘口の日本酒として「東洋美人」(山口県)の純米吟醸、辛口の日本酒として「南部美人」(岩手県)の特別純米酒、スパークリング日本酒として「獺祭(だっさい)発泡にごり」(山口県)の純米大吟醸、にごり日本酒として「七田 おりがらみ」(佐賀県)が振る舞われ、なおかつ、軽くつまめるフィンガーフードが各テーブルに並ぶ。受講料は1000円(税込み)と格安だった。

会場に持ち込まれた日本酒。盃を交わしながら、銘柄ごとに味の表現を学んだ
会場に持ち込まれた日本酒。盃を交わしながら、銘柄ごとに味の表現を学んだ

 日本酒講座以外にも、スマートフォンで撮影するときに使える気の利いた言い回しを学ぶ「スマホカメラ講座」、バーで注文することを想定した「カクテル講座」、この他、トラベル講座、おもてなし講座、ビジネス会食講座と、多彩なテーマで4日間にわたって開催した。イベント名は「IIBC ENGLISH CAFÉ」。TOEICというブランドがありながら、あえてその名前を“封印”した形だ。

英語テストからの脱却

 小中高生に強い実用英語技能検定(英検)に対し、TOEICはビジネスパーソンの認知度が極めて高い。日本では多くの企業が採用、出世の要件にTOEICを課し、そのスコアによって今後の人生が左右されることすらある。だからこそ、「TOEICというと英語のテストというイメージが強すぎる。より気楽に英語を楽しんでいただけるように、がらりと中身を衣替えした」と振り返るのは、IIBCの大村哲明常務理事だ。

 期間限定の英語カフェを始めたのは、3年前の2016年2月。当時は「TOEIC ENGLISH CAFÉ」という名前だった。場所は六本木ヒルズのカフェ。ビジネスパーソンの英語発信力向上を目的として計7日間開き、FMラジオ局J-WAVEのナビゲーターが日替わりで登場。参加者と英語でコミュニケーションを深めた。

 17年8月には大阪でもFM802、FM COCOLOのDJを交えて開催。18年1月にはKDDIと連携し、第1回と同じ六本木ヒルズのカフェで「VR(仮想現実)英会話」を展開した。VRゴーグルを装着すれば、オーストラリアのシドニーにいるネーティブとつながり、リアルタイムで英会話が楽しめる。視線を左右に振ると、オペラハウスやハーバーブリッジが見えるなど、日本にいながらシドニー観光を体験できる仕掛けまで用意した。

 しかし、全体を通してみれば、「TOEIC ENGLISH CAFÉは、英語のお勉強、TOEICのプロモーションイベントという色彩が濃かった。我々はテストだけやっているのではない。アンケートでもTOEICは知っているが、IIBCって何だっけ、という方が多かった」(大村氏)。