日清食品が「完全栄養食」に参入。2019年3月27日に自社EC限定でパスタを発売する。なぜ即席麺大手がニッチな完全栄養食市場に参入するのか。その背景には同社の自社EC強化戦略があった。

 「必要な栄養素がすべて取れる」というコンセプトが米シリコンバレーでブレークし、日本でもスタートアップ起業家やITエンジニアなどを中心に支持されている「完全栄養食」。即席麺最大手の日清食品(以下、日清)がこの完全栄養食への参入を発表した。

 同社が展開するのは、「この一食で、すべての栄養、全部どり。」をうたう「All-in」シリーズ。その第1弾として、2019年3月27日に自社ECとアスクルの個人向けネット通販サイト「LOHACO」限定で発売するのが「All-in PASTA(オールインパスタ)」だ。

メインはパスタとソースがセットになったカップタイプ(1個税別600円)で、ボロネーゼ、ジェノベーゼ、アラビアータの3種類

 メイン商品はパスタとソースがセットになったカップタイプ(1個税別600円)。作り方はカップ焼きそばと同様で、カップに麺と湯を入れて6分待ち、湯を捨ててからソースを入れて混ぜれば完成だ。1食分には1日に必要な栄養素の3分の1が入っており、3食で1日に必要なすべての栄養素が取れる計算になる。13種類のビタミンや13種類のミネラルに加えてたんぱく質や食物繊維も入ったうえ、糖質は30%カットとなっている。

作り方がカップ焼きそばと同様で、カップに麺と湯を入れて6分待ち、湯を捨ててからソースを入れて混ぜれば完成
カップにはカップ焼きそばと同様に湯切り穴が付いている

苦みやえぐみ抑え、調理時の栄養素流出も最小限に

 開発に当たって同社が重視したのは「味」だという。「完全栄養食はユーザーが徐々に増えているが、ユーザーの声をネット上で集めてみたところ、『興味があってトライしたが、味で断念した』という声が多かった」(日清食品マーケティング部 ダイレクトマーケティング課ブランドマネージャーの佐藤真有美氏)。

 ビタミンやミネラルの苦みやえぐみを抑えるべく、同社は即席麺で採用している3層麺製法を応用した「栄養ホールドプレス製法」を開発。麺の真ん中だけにビタミンやミネラルを入れ、外側を小麦の層で包み込んだ。さらにこの製法によって、ゆでるときに栄養が麺の外に出るのを最小限に防ぐことができるようになったという。

 1日に必要な全ての栄養素の3分の1を麺1食分だけで取れるのもポイント。それゆえ、ソースが付いていない袋麺タイプ(1袋税別400円)も用意しており、市販のソースと合わせて食べることも可能。サラダに使うなど、この麺を使ったアレンジレシピも提案していくという。

ソースが付いていない袋麺タイプ(1袋税別400円)も用意
同時に発売するソース(2食入りで税別500円)は塩分が少ないのにしっかりとした味わいで、麺とソースを合わせても食塩相当量が2.0~2.7gにおさまるのがポイント

仕事で忙しい30~40代に照準、1日1食でも栄養補給に

 しかし、完全栄養食はまだユーザーが一部のアーリーアダプターに限られており、大手メーカーが参入するにはマーケットが小さすぎる印象もある。「これからフォロワーまで広がっていくとみている。手軽にしっかり栄養が取れる食事として、仕事で忙しい30~40代が支えていくようになるのでは。3食これだけを食べるというより、栄養補給として1日1食でも普段の生活に取り入れてもらうことを想定している」(佐藤氏)。同社によると、近年は食事の偏りや朝食の欠食、自己流の食事制限などにより、摂取カロリーが足りているのにたんぱく質やビタミン、ミネラルといった特定の栄養素が不足している「新型栄養失調」が増えているとのこと。販売目標は年間100万食で、19年夏ごろに向けてラーメンタイプのまぜそばも開発中という。

 購入者のさまざまな生活パターンに対応するため、定期購入では1カ月に1回5食ずつ、2カ月に1回3種類を2食ずつなどと、個数と頻度を柔軟に選べるようにした。「それぞれの方のペースでストックできるようにしたかった。受け取る曜日を指定できたり、簡単に一定期間休止できたりなど、使いやすさも重視した」(同)。最初はトライアルで単品購入が多くなると予想されるが、リピートでは定期購入がメインになると想定している。法人販売も検討しており、従業員の福利厚生目的での購入や社員食堂への導入を希望する企業もあるという。

デザイン経営を主導する「高度デザイン人材」 経産省が育成へ
感情を動かしたテレビCMが分かる 効果を脳波で分析