参入企業が多く、競争も激しい電子コミック市場で、フィーチャーフォン時代からトップを走るのがアムタス(東京・渋谷)が運営する「めちゃコミック」だ。2018年度は過去最高の売上高を記録した。好調の秘密は何か。電子コミック市場ならではのヒットの生み方とは。アムタスの黒田淳社長に聞いた。

「めちゃコミック」は、『キングダム』『ワンピース』『ピアノの森』『花より男子』などの有名作品からネットのみで配信している作品まである
「めちゃコミック」は、『キングダム』『ワンピース』『ピアノの森』『花より男子』などの有名作品からネットのみで配信している作品まである

 めちゃコミックは、情報システム構築などを手掛けるインフォコムの全額出資子会社アムタス(東京・渋谷)が運営する電子コミックサイトだ。フィーチャーフォン時代にサービスを開始し、「LINEマンガ」(LINE)、「ピッコマ」(カカオジャパン)などアプリを使った電子コミックサービスが台頭した現在も、ウェブブラウザーベースでサービスを提供している。

 そのめちゃコミックの業績が好調だ。17年度の売上高は、海賊版サイトの影響を受けながらも前年度比12.4%増の202.3億円、18年度は同25.5%増の254.0億円になる見通しだ。

男性向けでも女性に売れる? 意外な漫画がヒット

 競合が多い電子コミック市場において、めちゃコミックの立ち位置は、「暇つぶし用コンテンツの1つ」と黒田社長。読者は約8割が女性で、20代後半から30代のあまり漫画を読まないライト層が中心だ。「電子コミックを“巻”単位で販売するサイトも多いが、めちゃコミックは“話”単位。ふらっと来て読める手軽さが、家事の合間や寝る前にちょっと読むのにちょうどいい」と話す。

 そうした会員がめちゃコミックを利用するきっかけは、ほとんどがバナー広告だ。他のサイトで目に付いたバナーからめちゃコミックに飛んでくる。そこで期間限定あるいは話数限定で無料公開されている漫画を試し、会員として定着するパターンだ。『キングダム』『ワンピース』『花より男子』といった有名作品から、ネットのみで配信しているニッチな作品まで、取り扱うジャンルは幅広いが、「会員の多くは、読みたい漫画があらかじめ決まっているわけではない。雑誌やコミックを購入する従来の漫画読者とは明らかに違う」と黒田社長。

会員を誘導するために、バナー広告には一目で興味を引くインパクトのあるコマを採用するという (C)たちばな梓/アムコミ
会員を誘導するために、バナー広告には一目で興味を引くインパクトのあるコマを採用するという (C)たちばな梓/アムコミ

 だからこそ、どの漫画をどこまで無料で公開するか、バナーでどの漫画を推し、その中のどのコマを表示させるかは重要だ。「そこは社内の“目利き”の腕の見せどころ」(黒田社長)。コミックを山ほど読んでいる社員が「めちゃコミックの会員に好かれそう」と判断した作品や作家をピックアップ。バナーで表示するコマも選ぶ。コマはインパクトが大事だが、それだけでは読者に継続して読んでもらえないという。

 無理なく継続させる工夫も不可欠。購読履歴や行動履歴はリアルタイムで集計。作品のリコメンドに生かしたり、退会の予兆がある会員にはポイントを配ったりしてつなぎとめる。「クリックされやすいボタンの大きさや色を試すABテストは、毎日やっている」(黒田社長)。会員別に複数パターンを出し分け、効果が高いほうを随時採用するという。

 これらの仕掛けは、従来の漫画市場とはある種、異なるヒットも生み出した。その例が集英社から刊行されている『金魚妻』(黒澤R著)だ。同作品は、もともと男性向け漫画誌「グランドジャンプ」で連載されていた漫画。だが、作者の黒澤R氏の漫画がめちゃコミックでも好評だったこと、不倫というテーマが女性にも受けそうなことに目を付けて、女性読者が大半を占めるめちゃコミックに掲載。バナー広告を使ってアピールしたところ、人気に火が付き、紙&電子累計で140万部を突破した。「男性向けに描いていた作品が女性に売れたということで、作者や出版社も驚いたらしい」と黒田社長は笑う。

「めちゃコミック」の2018年年間ランキング。一般書店の漫画ランキングとは顔ぶれが全く違う。『天は赤い河のほとり』(1995年から2002年まで連載)のように、電子コミックでは過去の作品の人気が再燃するケースも多い
「めちゃコミック」の2018年年間ランキング。一般書店の漫画ランキングとは顔ぶれが全く違う。『天は赤い河のほとり』(1995年から2002年まで連載)のように、電子コミックでは過去の作品の人気が再燃するケースも多い