家庭教師の派遣業からエドテック企業へと、わずか1年で劇的な変貌を遂げた企業がある。シンドバッド・インターナショナル(東京・新宿)だ。2017年に開始したオンライン家庭教師事業は、開始4カ月で入会者数が既存事業を超えた。これを機に一気にデジタルシフト。同事業の18年12月の売り上げは前年同月比で5倍になった。

シンドバッド・インターナショナルはオンライン家庭教師事業「メガスタディ オンライン」の提供を機に、EdTech企業へと転身を遂げた
シンドバッド・インターナショナルはオンライン家庭教師事業「メガスタディ オンライン」の提供を機に、EdTech企業へと転身を遂げた

 スマートフォンやSNSの普及、IoTやAI(人工知能)技術の発展など、新たなデバイスや技術の登場によって企業や消費者を取り巻く環境は大きく変化している。企業は消費者と比較して、デジタルシフトが遅れているといわれる。既存事業から脱却できない、いわゆる「イノベーションのジレンマ」が立ちはだかり、多くの企業が足踏み状態だ。

 後れをとる企業を尻目に、シンドバッド・インターナショナルは急速にデジタルシフトを進めている。もともとは首都圏を中心とした、家庭教師の派遣業だった。17年7月にオンライン家庭教師事業「メガスタディ オンライン」の受け付けを開始。試験提供だったにもかかわらず、わずか4カ月で入会者数は既存事業を超えた。この成果を受けて経営方針を変え、テクノロジーを活用した教育を手掛ける“エドテック(Education Technologyの略称)”企業へとかじを切った。18年4月には、「第二の創業」(横山弘毅常務)と位置付け、オンライン事業に多くの人材を配置する組織改革を実施した。

 18年12月のオンライン家庭教師事業の売り上げは、前年同月比で5倍と急成長。既に会社全体の売り上げの3割を占める規模になっている。「21年には、既存事業とオンライン事業の売り上げが逆転する見込みだ」と横山氏は言う。

オンライン家庭教師事業の17年と18年の売り上げの推移
オンライン家庭教師事業の17年と18年の売り上げの推移

 これまでのシンドバッド・インターナショナルは、所属する家庭教師を契約する家庭に送り込む派遣業だった。当然、地理的な制約が大きい。在籍登録する家庭教師は1万人を超えるが、そのほとんどが首都圏在住者。地方の家庭から問い合わせをもらうことも多かったが、距離の問題で家庭教師を派遣することができない。せっかく問い合わせをもらっても断らざるを得なかった。

 だがこれは商機とも言えた。「地方と都心で家庭教師の質に格差を感じている消費者は多かった」(横山氏)からだ。シンドバッド・インターナショナルに所属する家庭教師に教えてもらいたい生徒は、地方に多数いる。このニーズに応えることで、売り上げ増加を期待できた。目を付けたのがインターネットだった。ネットで利用できる学習サービスなら、地理的な制約を受けない。