2019年1月31日に「2018年度 東京ビジネスデザインアワード」による公開プレゼンテーションが実施され、最優秀賞と優秀賞が決まった。最優秀賞は特殊印刷を手掛ける技光堂(東京・板橋)と、デザイン会社のkenmaが獲得。同アワードは、中小企業を強くするビジネスモデルの構築が目標。

発表会の様子。審査委員長はヒロタデザインスタジオ代表の廣田尚子氏。審査員はセメントプロデュースデザイン代表取締役の金谷勉氏、産業技術大学院大学学長の川田誠一氏、アイディーテンジャパン社長 CEOの澤田且成氏、日高国際特許事務所所長の日高一樹氏、ビームス創造研究所シニアクリエイティブディレクターの南馬越一義氏

 最優秀賞は「『立体視・金属調印刷物』を唯一無二の素材にするための事業提案」で特殊印刷を手掛ける技光堂と、プレゼンに立ったデザイン会社のkenmaが獲得した。

 優秀賞は「灯りと香りで想いを伝えるアロマキャンドルプロダクト」でキャンドルメーカーの東洋工業(東京・江東)とLURA Design Studioの他、「香りの魅力を楽しく学ぶプロダクトの提案」でアロマフレグランス事業を行うGRASSE TOKYO(グラーストウキョウ、東京・江東)とプランナーの清水覚氏らのグループが選ばれた。

優秀賞の「灯りと香りで想いを伝えるアロマキャンドルプロダクト」(東洋工業)
優秀賞の「香りの魅力を楽しく学ぶプロダクトの提案」(GRASSE TOKYO)
ぶれないボールペン「ブレン」が激売れ nendo佐藤氏の工夫
異例の2月特売が成功 アダストリアが店頭映像データ分析で成果