リサイクルショップチェーンのコメ兵はバッグや財布、キーケースといったブランド品の真贋をAI(人工知能)で見極めるAI真贋システムを開発している。2019年4月をめどに実店舗へ導入する予定だ。

画像データと膨大な教師データを基に、AIがReal(本物)、Fake(偽物)、そしてHold(グレー)という判定を下す

 現在コメ兵では、客が持ち込んだ商品の布の縫い方や素材などを、鑑定士が10倍ルーペを使って目視で確認し、真贋を判定している。AIを導入することで5分程度かかっている真贋判定を数秒に短縮できるという。

 具体的には、まずデジタルカメラで商品全体などを撮影して型番を判定。さらに最大300倍のマイクロスコープを使って縫い目など複数箇所の詳細画像を撮影。こうした画像データと膨大な教師データを基に、AIがReal(本物)、Fake(偽物)、そしてHold(グレー)という判定を下す。Holdと判定された商品は、鑑定士が確認して最終判断をする。

 AI真贋は仏高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のバッグや財布、キーケースなどから始める。既に97%以上の精度を確保しているが、「4月の店舗導入時には99%の精度を目指している」と、AI真贋システム開発プロジェクトを率いる山内祐也経営企画本部長経営企画部長兼事業開発部長は語る。

キッチンに調和する白い消火器 しゃれたデザインでママに人気
「シェアバイオラボ」で起業が変わる 日本橋がベンチャー街に