AGCは「協創」をテーマにした展示会「AGC Collaboration Exhibition 2018」を、2018年12月12日から19年3月1日まで東京・京橋のAGC Studioで開催している。展示するのは同社が外部クリエイターと推進中の協創プロジェクト「SILICA(シリカ)」から生まれた成果物だ。

AGCは2018年の12月12日、東京・京橋のAGC Studioで同社のオープンイノベーション戦略と協創プロジェクト「SILICA」について発表した。写真は左から、古市淑乃建築設計事務所の古市淑乃氏、AGCの商品開発研究所の續木南氏、DOMINO ARCHITECTSの大野友資氏、AGCの代表取締役兼専務執行役員CTOの平井良典氏、A(エイス)の代表取締役の山田歩氏、ふしぎデザインのプロダクトデザイナー秋山慶太氏

 AGCはガラスを中心に電子関連や化学、セラミックスなど多彩な事業分野を持つ素材メーカー。シリカの目的は、外部クリエイターと協力して同社が保有するさまざまな素材や技術の可能性を再考し、今までにない価値を創造すること。シリカは18年11月からスタートし、今回の展示会ではガラスの新たな見せ方を提案する「ANIMATED」展と、新しい可能性を提案する「GLASS INNOVATION CHALLENGE」展という2つのエリアに分けて成果物を紹介している。

「ANIMATED」展
AGCが2019年3月1日まで開催する企画展「AGC Collaboration Exhibition 2018」では、協創プロジェクト「SILICA(シリカ)」の成果物を展示している。会場は「ANIMATED」展と「GLASS INNOVATION CHALLENGE」展の2つのエリアに分かれる
「GLASS INNOVATION CHALLENGE」展
画像は左から、ガラスとIoTを連携させてブロックのように組み立てもできるzodesign氏の「IoTガラスブロック」、AGCの技術で風呂場の凸凹をなくしたniko氏の「ガラストップ風呂壁」、窓ガラスに開閉できる穴を作りオフィスの閉塞感をなくすShuta Tokuda氏の「Wind-oh!GLASS」
資生堂が「デザイン経営」で成功 nendo佐藤オオキ氏との仕掛け
イオンが「添加物不使用総菜」 “引き算”でPBを高付加価値化