デザイン思考をベースに小中学生などに学びの機会と場を提供しているCurio School(キュリオスクール)が2018年12月28日、「Mono-Coto Innovation」というコンテストの決勝大会を開催。優秀なアイデアを評価された8チームが、最終プレゼンに臨んだ。

275人の中高生が参加し、その中から優秀なアイデアを評価された8チームが決勝大会で最終プレゼンに臨んだ。その結果、カシオ計算機のテーマに応じた「今を翔ける少女。」チームが優勝した

 同イベントでは、中高生向けのマーケティングに関心のある企業が参加し、テーマを出す。そのテーマに応じて中高生がそれぞれチームを組んでフィールド観察やインタビューなどを行いながら発想し、4カ月かけて決勝大会に臨む。企業はテーマを出すだけでなく、メンターとなったり、技術的な視点でアドバイスしたりする。

 あくまで教育の一環としての「ものづくり」だが、参加する中高生は真剣そのもの。学校の授業の合間を縫って定期的にミーティングを重ねるなど、モチベーションは高い。企業にとっても中高生の「本音」をつかめるだけではなく、中高生が真摯に取り組む姿勢に「ものづくりの楽しさを改めて理解した」といった声が出るなど、高く評価されている。今回は、本田技術研究所やデンソー、カシオ計算機といった大手企業の他、菓子メーカーのでん六などが参加して、中高生の日常にかかわるテーマを出した。

 審査項目は「課題発見」「課題解決」「独創性」の3つ。フィールド調査などから自分たちも含めて中高生が直面している課題を見つけ、それをどう解決すべきかを考えていく。単なる机上の空論や自分たちの思いだけで発想するのではなく、周囲の中高生に実際に日々の生活の様子を聞いているだけに、出てきたアイデアはどれもユニークながら、中高生の実態を反映しているものといえた。

会場には企業や中高生の関係者なども駆け付け、各チームのプレゼンを注意深く聞いていた
東京医科歯科大、医療ビッグデータ解析の教育に学部設置を検討
資生堂のトレンド研究 化粧でも加速するパーソナライゼーション