オンキヨーは、ウェアラブル端末で自然対話型のAIアプリケーションを活用するための新サービスを来春に開始する。同社の首掛け型スマートスピーカーにNTTドコモのAIエージェント構築システム「ドコモAIエージェントAPI」を組み合わせ、音声対話サービスなどを実現。商業施設でのフロアガイドなどに活用する。

開発中のスピーカーを業務向けに展開

 オンキヨーは2018年、米国ラスベガスで開催された家電・ITの展示会「CES」に出展した際に、AI(人工知能)アシスタントを内蔵するネックバンド型のスマートスピーカー「VC-NX01」の試作機を発表した(関連記事)。今回のサービスでは、この試作機をブラッシュアップし、AIを生かしたサービス現場での活用を提案する。

オンキヨーが試作したネックバンドのスマートスピーカー「VC-NX01」
オンキヨーが試作したネックバンドのスマートスピーカー「VC-NX01」

 12月18日に開催された記者会見では、活用事例として「お買い物コンシェルジュ」サービスのデモを行った。大型商業施設に買い物に訪れた客にスマートスピーカーを貸し出し、AIアシスタントを介してフロアガイドやタイムセールの情報、催事などの案内をタイムリーに届けるような使い方を想定している。

 例えば、ユーザーが「妻の誕生日プレゼントを探している。何がお薦め?」とAIアシスタントに話しかけると、「奥様の趣味は?」と尋ね返したり、その答えを基に「ランニングに最適な贈り物はスポーツウォッチです」「3階の家電量販店に売っています」といった具合に提案したりする。連続する自然な対話を続けた先に、目的の品が探せるサービスだ。時間などによって、AIアシスタントから「そろそろランチの時間ですね」と次の行動を促してくることもあるという。何気なく出かけたショッピングでさまざまな発見が得られるように、AIアシスタントが手取り足取り、面倒を見てくれるイメージだ。

 現在はBluetoothでスマートフォンに接続して使う仕様だが、商業施設などで使う場合はモバイル通信機能を内蔵して単体で通信できるようにするなど、使用環境やサービスに合わせた柔軟なカスタマイズが可能だという。

 オンキヨー B2B本部 AI/IoT事業推進室の宮崎武雄室長は、「オンキヨーが得意とするスピーカーの設計技術を搭載しているので、(肩に載せて使う)開放型のリスニングスタイルでも音が聞こえやすい。ユーザーの声を拾うマイクの精度も高く、ハンズフリーでの音声操作がスムーズで快適」と語る。

オンキヨー B2B本部 AI/IoT事業推進室の宮崎武雄室長
オンキヨー B2B本部 AI/IoT事業推進室の宮崎武雄室長

 また、今回発表した製品はまだ試作段階だが、2018年初頭に発表されたものに比べて外観をシンプルにした。約100gという“軽さ”が特徴で、肩にスピーカーを乗せていても負担を感じない。プロダクトデザインを担当したオンキヨーの小笠原菜摘氏は「サイズを軽く、コンパクトに抑えるだけでなく、本体に搭載するボタンの配置も“Easy to Use”を意識した」とこだわりを説明した。

VC-NX01は軽いため、首に載せてもあまり負担にならない。写真はプロダクトデザインを担当した、オンキヨー マーケティング本部 デザイン部 デザイン1課 デザイナーの小笠原菜摘氏
VC-NX01は軽いため、首に載せてもあまり負担にならない。写真はプロダクトデザインを担当した、オンキヨー マーケティング本部 デザイン部 デザイン1課 デザイナーの小笠原菜摘氏

 ウェアラブルタイプのスマートスピーカーは耳を塞ぐイヤホンと違い、周囲の環境音に注意を向けながら音楽や音声ガイドを聴けるのが利点。音声操作を組み合わせれば、コミュニケーションデバイスや音声入力デバイスとして効果的だ。耳の位置の直下に音の出口を配置すれば小さな音量でも明瞭に音が聞こえるし、マイクもユニットの数や配置を工夫することで音声入力にレスポンス良く反応する。

オンキヨーはネックバンド型はハンズフリーでの音声入力操作ができるため、手作業をしながら使えるスマートデバイスとして理想的な形と説明している
オンキヨーはネックバンド型はハンズフリーでの音声入力操作ができるため、手作業をしながら使えるスマートデバイスとして理想的な形と説明している
オンキヨーが得意とするスピーカーとマイクの技術が試作機に搭載されている
オンキヨーが得意とするスピーカーとマイクの技術が試作機に搭載されている