シリコンバレーの中心地、パロアルト市のダウンタウンにスタートアップのハードウエアばかりを集めた店舗がある。その名も「b8ta(ベータ)」で、約100のプロダクトが展示されており、実際に体験することができる。2018年12月にはニュージャージー州にオープンし、全米14の主要都市に店舗網が拡大。BtoB製品の反応を得るために日本のスタートアップが展示するなど、適用領域も広がっている。

スタートアップの製品を見て試すことができるb8ta。カリフォルニア州パロアルトの店舗

 スタートアップはb8taに製品を納入し、月額の「場所代」を支払うことで展示・販売が可能となる。同社は「リテール・アズ・ア・サービス」と紹介している。b8taはWebサイトでも各スタートアップのプロダクトを紹介したり、販売したりすることが可能だ。

 b8taの特徴はその立地にもある。は2018年12月時点で、ニューヨーク、シアトル、サンフランシスコ、オースティン、シカゴなど全米の主要都市に14店舗あり、スタートアップ側が出品する対象店舗を選ぶ。ホームセンター「Lowe's」の店舗にもb8taのコーナーを設置している。18年6月には大手百貨店のメイシーズがb8taに出資し、b8taのノウハウを取り込んだ新しいフォーマットに乗り出している。

b8taの購買マネジャーであるジャスティン・ヤング氏

 b8taの購買マネジャーであるジャスティン・ヤング氏は「我々はスタートアップに新しいテクノロジーをマーケットに紹介し、実際に触ってもらう場を提供している。商品が売れた時のコミッションはもらっていない」と説明する。

販促費ではなくマーケ費でいい

製品を装着するウエストユニティス米国法人の青木光政氏

 BtoB向けのスマートグラスを販売しているウエストユニティス(大阪市)の米国法人は2018年11月初めからb8taで、スマートグラスの「picoLinker」を4店舗で販売している。パロアルトのほか、シアトル、テキサス州オースティン、ニューヨークの店舗である。

 米ウエストユニティスのセールス&ビジネスディベロップメントマネージャー、青木光政氏は「我々のようなスタートアップにとって、全米の主要なエリアの中心地で展示できるのは大きなメリットがある。それぞれのエリアで顧客の反応が違うのも見えてきた。我々の社名や製品の知名度を上げる目的もあり、費用は販促費ではなくマーケティング費から出している」と言う。

 picoLinkerは現場作業などで利用するBtoB向け製品である。スマホをつないでアプリの画面を小型ディスプレーに表示し、グラスのタッチセンサーで操作できる。

スマートグラス系のプロダクトが同じ場所に展示されており、実際に使って比較できる

 価格は1セット599ドル(取材時は50ドル値引きして549ドルで販売していた)と、BtoC製品に比べると高価ではあるが、11月の販売開始から現在までに5個以上売れている。「我々も驚いているが、BtoBだけでなくコンシューマーと思われる顧客も購入している」(青木氏)。新しいプロダクトに敏感な顧客が数多く来店するb8taならではだろう。

カネボウ子会社が接客に動画ミラー導入 年内予約は数分で埋まる
「泊まれる本屋」高稼働率の秘密 おしゃれさとゆるい関係が武器